ベントレーが、バトゥールにも貢献したトビアス シュールマン氏をデザイン部門の新ディレクターに任命


ベントレーモーターズは、トビアス・シュールマンを2023年2月1日付でデザイン部門の新ディレクターとして任命したことを発表した。前任のアンドレアス・ミントは、フォルクスワーゲンに移籍しデザイン部門の責任者となる。

シュールマンは、2021年10月、高級車メーカーであるベントレーにエクステリアデザインの責任者として入社した。自動車デザインの分野で20年のキャリアを持つシュールマンは、マクラーレン、アストンマーティン、ブガッティ、そして2005年に入社したフォルクスワーゲンのポツダムデザインセンターでデザイン部門のシニアポジションを務めた。2007年にウォルフスブルグのフォルクスワーゲンデザインに移籍し、パサート、アルテオン、トゥアレグのほか、さまざまなショーカーのデザインに携わった。

彼は、アンドレアス・ミントの指揮の下、ベントレーバトゥールのデザインに大きく貢献した。バトゥールは、ベントレーにおけるデザイン革命の始まりを体現しており、ベントレーの未来のBEVモデルの指針となる新しいデザインDNAを示している。

シュールマンは、ベントレーの開発担当役員のマティアス・ラーベ博士の直属の部下となる予定だ。ラーベは以下のようにコメントしている。
「トビアスは、2021年に入社して以来、非常に重要かつポジティブな影響を与えてくれています。彼が入社した時期は、2030年までに完全な電動化を実現するために邁進している当社にとって重要かつエキサイティングな時期であり、それは今でも変わりません。高級自動車業界での経験が豊富で、ベントレーブランドおよびフォルクスワーゲングループを深く理解している彼の就任は、持続可能な高級モビリティのリーダーになるという私たちの将来の目標を達成するために最適であると思っています。

私たちは、ベントレーの今後の製品デザインに大きな影響を与えてくれたアンドレアスに感謝するとともに、トビアスが新たに加わってくれることをうれしく思っています。アンドレアスとトビアスはこれからそれぞれの新しいキャリアで成功を収めてくれることでしょう」

英国クルーにあるベントレー本社で働くシュールマンは、約50名のデザインエキスパートのチームを率い、現在およびこれからのベントレーのラインナップ、コンセプトカー、ショーカーの、エクステリアやインテリア、カラー、トリムのデザインを決めるに責任を持つことになる。この新しい役割について、シュールマンは次のように述べている。

「現在、ベントレーではデザインランゲージの再構築を進めており、私の同僚全員と密接に協力しながらこれを主導する責任を負うことは、とても名誉なことだと感じています。また、私たちが共にベントレーを新しい方向へと導き、現代のベントレーをインスピレーションに溢れ調和に満ちた最高の車にしていくことを楽しみにしています」




トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/02/56932/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ