G-SHOCKもTM NETWORKも40周年で、スペシャルライブを開催


カシオの耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2023年4⽉に誕⽣40周年を迎えるにあたり、「G-SHOCK PREMIUM NIGHT」を、東京・六本⽊のBillboard Live Tokyoにて⾏った。

多くの招待客が参加したイベント第⼀部は、アニバーサリーモデルの新作発表はもちろん、G-SHOCKの⽣みの親である伊部菊雄によるG-SHOCK開発秘話にまつわるカンファレンスが⾏われ、第⼆部では、G-SHOCKと同じく2023年に結成40周年を迎える⾳楽ユニットTM NETWORKが、時代を超えてサスティナブルにバズり続ける⼈気曲「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」 、「BE TOGETHER」。⼩室哲哉によるアグレッシブなキーボードソロを挟んでの「Get Wild」という圧巻のパフォーマンスを繰り広げた。

“G-SHOCK”は、1983年の誕⽣からその耐久性と独⾃のデザインで唯⼀無⼆の地位を確⽴し、その後もファッション、スポーツ、アート、ミュージックなどさまざまなカルチャーとコラボレーションに取り組むことで、世界中で愛されるブランドに成⻑してきた。時を同じくして1983年に結成されたTM NETWORKは、先進的な⾳楽性を武器に爆発的ヒットを連発し、時代を駆け抜けた⽇本の⾳楽シーンの象徴だ。

G-SHOCKは1983年に誕生して以来、世界中のファンから支持されている。G-SHOCKはある若手社員(伊部菊雄氏)に、落としても壊れない時計を作りたいという、だった一行の企画書からスタートした。その非常識なコンセプトを実現するために、数百本の試験サンプルと2年以上の対決がかかっている。しかし決して諦めない、ネバーギブアップのスピリッツで 試行錯誤を重ね、1983年にデビュー。誕生以来40年間 、タフネスをブランドの核として、機能、素材、デザインなどありとあらゆる要素で 進化を続けている。特にタフネスについては 最新の制御だけではなく、振動や遠心重力 高い防水制御や防塵、防静などありとあらゆるタフネスに チャレンジし克服してきた。

さらに、サプライズとしてシークレットゲストにヒップホップ界の⾄宝であるラッパーAwichを迎え、⼩室哲哉とともに奇跡のマッシュアップ「Queendom×SWEET 19 BLUES」を、フリースタイルを交えスペシャルな⼀夜限りのライブパフォーマンスとして披露。⾄極のセッションで会場は、興奮のるつぼと化した。

特異な個性であるG-SHOCKとTM NETWORKとAwich。G-SHOCKだから叶った夢のコラボレーション。共通するのは“GET TOUGHNESS”なスピリット。まさに、ここでしか観られないプレミアムな伝説の⼀夜となった。

40周年を迎え、また新しい扉を開いたG-SHOCKの今後が楽しみでならない。

なお、ライブの模様は、カシオIDを登録してあれば、下記で見ることができるので、ぜひ。

https://gshock.casio.com/jp/40th/event/premium_night/




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/56140/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ