740psで史上最速のベントレー、W12のバトゥールが実走テスト開始


トップギア・ジャパン052でも特集したベントレーバトゥールが、ヨーロッパ全域で実走行試験を開始した。2022年8月にモントレー・カー・ウィークでデビューし、ベントレーの顧客や世界中のメディア、一般向けの数々のイベントに参加してきたが、これから2台の開発用バトゥールが、最高水準の車両性能と品質を確実なものとするための厳しいテストプログラムを開始する。わずか18台の限定シリーズは、様々なエンジニアリングプログラムを経て、2023年半ばから納車を始める予定だ。

検証項目は、エンジンと車両全体の耐久性、環境適合性と太陽光のシミュレーション、高速安定性、空力、騒音・振動、ドライビングダイナミクスなど多岐にわたる。120を超える個別のテストは、ゴールドの「オルガンストップ」ベンチレーションコントロールの表面仕上げの品質から、新しいW12エンジンのハードウェアとソフトウェアに至るまで、すべてを網羅。 2台の先行開発車では58週間を超える車両検証が予定されており、エンジンパワーの向上を検証するためにすでに完了した100週間以上の車両開発を補完するもので、バトゥールは少なくとも最高出力740 PSを誇る史上最もパワフルなベントレーとなる。

開発中のバトゥールのうちの1台であるカーゼロの最初の活動は、実際の状況をシミュレーションするため、ヨーロッパ横断2,500kmの大規模なドライブすることだ。ドイツを出発し、イタリア、フランス、スペインを経て、試験場での高速テストが行われる。

マリナーのチーフテクニカルオフィサーであるポール・ウィリアムズは、次のようにコメントしている。
「プロジェクト開始当初から、このクルマが究極のGTでなければならないことは明らかでしたので、エクステリアデザイン、エンジンパワー、ハンドクラフトのインテリアなど、すべての要素が妥協なく作り上げられました」

新しい挑戦となるユニークな機能がいくつもある。例えば、エクステリアのヘッドランプは非常にコンパクトなLEDユニットで、スタイリング・チームがデザインした挑戦的なプロポーションに合わせて作られており、クルマの外観を一変させるが、生産過程は複雑だ。また、20年の歴史の中で最もパワフルなW12の開発も行っており、膨大な検証プログラムが必要である。

小さなディテールまで計算されており、例えば、フロントグリルのダイヤモンドの角度はW12エンジンのシリンダーの角度を表している。また、バトゥールは18台しか生産されないが、その品質レベルは、現在ベントレーが毎年生産している15,000台と同じでなければならない。

プルービング・グラウンドでは、カーゼロは7週間にわたり、ハンドリングトラック、混合路面、高速テスト、過酷な路面状況での耐久性テストが行われる予定だ。これらのすべての活動において、データとフィードバックが収集され、技術目標が達成されていることが確認される。

試験場での作業が完了すると、さらに7,500kmの実走行が行われ、環境試験が開始される。4週間弱で600時間の太陽熱負荷に耐えることになるのだが、この時間はアリゾナ砂漠の5年分に相当する。特に、カーボンファイバーに代わるサステナブルな新素材を外装部品に採用したため、この試験は重要だ。
最初の納車が始まる頃には、810以上のユニークな部品が160週間に及ぶテストと開発を終え、究極のコーチビルト・グランドツアラーが完成する。

バトゥールは、ベントレー史上最もパワフルな車であり、過去20年間ベントレーの成功の原動力となってきた象徴的な手作業で組み立てられた6.0リッターツインターボW12エンジンの最高出力729bhp以上のバージョンを搭載している。

新しいエアインテークシステム、改良型ターボチャージャー、改良型インタークーラー、エンジンギアボックスとエレクトロニックスタビリティコントロールの新しいキャリブレーションを確認するために、すでに100週間を超えるパワートレイン開発が完了し、最高峰のW12を完成させた。

ベントレーの完全電動化に向けたビヨンド100戦略の変革の一環として、エンジンが終わりの時を迎えるにあたり、バトゥールはW12の並外れたパワー、トルク、洗練性を称えるイベントの第一弾となる。スピードチューンエアサスペンション、電動アクティブアンチロールコントロール、eLSD、4輪ステアリング、トルクベクタリングを備えたベントレー史上最も進化したシャシーに、エンジンパフォーマンスがマッチングする。

18台のバトゥールはすべて予約済みだ。マリナー社内のデザインチームの指導のもと、それぞれの顧客と共同でデザインされる。

顧客は、バトゥールのほぼすべての表面の色と仕上げを指定することができ、顧客と同じように個性的なクルマを作ることができる。メインのエクステリア・ペイントからエアベントの表面仕上げに至るまで、文字通りあらゆるものが、顧客によって細部に至るまで指定されるのだ。

エンジニアリング開発車であるバトゥール・カーゼロも、顧客自身の仕様と同じレベルのこだわりがある。エクステリアの塗装は特注色であるパープルセクターで、曲面全体に深い鮮やかな色彩を与えている。ボディワークは、光沢のあるナチュラルファイバー仕上げのフロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザーで強調されている。

フロントには、グロス・ダークチタン仕上げのメインマトリックスに、中央のパープルセクターからサイドに向かって徐々に暗くなり、ブラッククリスタルへと続く水平のオンブレパターンのコントラストシェブロンがアクセントとなった、芸術的なグリルが搭載されている。エンドレスボンネットのラインはサテンチタンで仕上げられ、22インチホイールのスポークもグリルと同じグロスとサテンブラッククリスタルで仕上げられている。

バトゥール・カーゼロにしかないが、ボディパネルの端に小さな白い矢印が表示されている。このマーカーは、耐久試験中のパネルの動きや緩みをフィードバックするのに役立つ。

マリナー・バカラルは、ベントレーの顧客と顧客の嗜好について重要な洞察を与えてくれた、近年初のコーチビルドプロジェクトだった。バトゥールでは、カラー、素材、仕上げだけでなく、マリナー・バイ・ネイム・オーディオシステムのような新しいテクノロジーも含め、さらに豊富なオプションが開発された。コンチネンタルGTに搭載されたネイム・オーディオ・システムに、20個のフォーカル・スピーカーを追加し、バトゥール専用に設定、カスタムチューニングして、クラス最高のオーディオ体験ができるようにしている。

デザインチームは、ハイエンドの素材と仕上げを組み合わせることで、バトゥールにユニークな個性を与えている。これは、アディティブ・マニュファクチャード・ゴールドからサステナブル・ハイドやナチュラル・ファイバー・パネルまで、持続可能な素材と生産方法への大きな一歩となる。

先進の製造技術により、金型への投資を最小限に抑えることができ、製造工程における材料やエネルギーの使用量を削減することができる。また、テストが成功すれば、マリナーはカーボンファイバーの代わりに天然繊維を車の一部に使用することを計画している。これは、これらのパーツの材料を製造するために必要な炭素を大幅に削減するものだ。

バトゥールでは、マリナーの技術力を駆使して、次世代のコーチビルドベントレーの持続可能な機能の開発を推進するため、サステナビリティが重要な役割を担っている。



ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/12/55787/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

アーカイブ