そういや、なかったよね…ランボルギーニの映画がついに公開



5年間も待たされたランボルギーニの映画が登場した。その名も「ランボルギーニ:伝説を支える男」。そして、下の予告編が示すように、むしろ映画化が期待される題材であった一方、我々が期待したものとは少し違っているようだ。説明しよう。

ランボの伝記映画について最初に聞いたとき、アントニオ バンデラスとアレック ボールドウィンがそれぞれランボルギーニ氏とフェラーリ氏として演じる俳優だと発表された。だが事態は変わり、フランク グリロがタイトルロールを演じ、『ミラーズ・クロッシング』を見て、もっと価値がないと言わせるような、ほとんど犯罪的に活用されていない俳優のガブリエル バーンが、脚本上必要な方法で、ここでは悪役とされているようなエンツォを演じている。このライバル関係が『ラッシュ』のハントとラウダのように大げさなものかどうかは、おそらく実際に映画を観ていただくのが一番だろう。

しかし、それ以前に、登場人物のリストをざっと見るだけで、いくつかの筋書きを知ることができる。ジオット ビッザリーニ、ボブ ウォレス、ジャンパオロ ダラーラなどの名前は知っているかもしれない。だが、そのほかにも知っているようで知らない名前がある。

この映画をご覧になりたい方は、北米では11月18日に公開される。日本ではまだ配給が決まっていない。また、映画の中で歴史的な不正確さを訂正する嫌味なオタクになりたいが、その前に自分の知識を磨いておきたいという方は、インターネットで調べてから映画館に行こう。




ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/11/55319/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ