ベントレー ベンテイガの顧客40%が選んだエクステンデッドホイールベースが生産開始



ベントレーモーターズは、クルーにあるサステナブルな工場において、新型ベンテイガエクステンデッドホイールベースの生産を開始したことを発表した。同時に、ベンテイガの定評あるエフォートレスなラグジュアリーを妥協なく実現するため、型式認証を取得し性能数値を確認した。

ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース(EWB)は、ミュルザンヌ以来最高の居住性を実現するために数億ポンドの投資を行い、車種を5モデルにまで増やした。2015年の発売時にラグジュアリーSUVを定義したベンテイガの長所を生かしている。今年初めのデビュー以来、EWBはベンテイガの総注文数の約40%を占め、ベントレーのベストセラーとなっている。ベントレーの中で最も売れているのは、ベンテイガなので、このEWBの存在はさらにベントレーの成績を飛躍させることになりそうだ。

認証を受けたことにより、ベントレーは初めて性能データを発表することができるようになった。ベントレーの実績ある4.0リッター32バルブデュアルツインスクロールターボV8ガソリンエンジンを搭載したベンテイガEWB V8は、最高出力550PS、最大トルク770Nmのスーパーカーとして性能を誇り、最高速290km/h、0-100km/h加速4.6秒のパフォーマンスを実現している。

この性能に加え、ベンテイガのホイールベースを180mm延長し、アンダーフロア、サイドパネル、ルーフを変更することで、他の追随を許さない居住性を実現している。延長された長さはすべてリアドアに反映され、他のどの高級車メーカーよりも広く、極めて豪華なリアキャビンとなっている。これにより、世界初のオートクライメイト機能や先進の姿勢調整機能付きリアシートが導入され、ウェルネスをさらに強調している。

ベントレーエクステンデッドホイールベースには、3種類のシート構成が用意されており、4人掛けと5人掛けに加えて、時折ミドルシートを使用する全く新しい標準の4 + 1レイアウトがある。贅沢な16ウェイ調整機能、ヒーター、ベンチレーション、5つのマッサージプログラムにより、旅先での疲労を最小限に抑えることができる。

オプションのエアラインシート仕様では、リアシートの背もたれが40度までリクライニングし、最大限のリラックスが得られ、睡眠をとりやすくする。その他の主な機能としては、シート・オートクライメート、姿勢調整機能、クッションと背もたれのボルスターの追加調整、リアドアとセンターアームレストのヒーターなどがある。

キャビン全体では、新しいクラフトマンシップの要素がクラス最高級のインテリアを強化している。ベントレーダイナミックイルミネーションが初めて採用され、ハンドクラフトレザーに光が差し込み、繊細なステッチがベントレーの中でも最もソフトで高さのあるキルトを作り出す。顧客は合計で240億通りのトリムの組み合わせから選択することができる。

シャシーとパワートレインの改良には、エレクトロニックオールホイールステアリングとベントレーダイナミックライドが標準装備されており、すでに高い評価を得ているベンテイガのダイナミックな能力を反映している。

ベントレーモーターズの製造担当役員であるピーター・ボッシュは、次のように述べている。
「新型ベンテイガエクステンデッドホイールベースは、2015年にオリジナルのラグジュアリーSUVが登場して以来、この分野を変革し、記録的なセールスをもたらしたベンテイガストーリーの次の章となるものです。ベントレーでは、クラストップのSUVの能力の幅をさらに広げるためにお客様と協力し、伝説のミュルザンヌに匹敵するリアキャビン体験につなげました。

英国クルーのドリームファクトリーでは、最高レベルのイノベーション、クラフトマンシップ、サステナビリティが融合されています。生産される各車両は、最先端のテクノロジーを搭載し、ベントレーの真の流儀に則り、最高級の素材のみを使用して手作業で作られる芸術品です。ベントレー体験の一環として、最初のEWBのお客様はご注文を大幅にパーソナライズされました。そして今、この分野を定義する新しい最高級モデルの最初の高度なビスポークモデルをお届けできることを誇りに思います」



みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/11/55158/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ