マツダ ロードスターにBBRのスーパーチャージャーキットをつけて225hpか250hpにパワーアップしない?



イギリスのブラックリーを拠点とする自動車業界のサクセスストーリーかって?いや、メルセデスのF1チームの話ではなく、すぐ近くにあるちょっと小さな会社の話だ。マツダロードスターチューニングのエキスパート、BBR GTIのこと。

80年代後半から活動を続ける同社は、その数十年にわたるノウハウで、現在のND型マツダ ロードスターに何をもたらしたかを発表したところなのだ。

ここでは、Rotrex スーパーチャージャーをベースにした 2 つのキットがある。最初のキットはステージ1と名付けられ、出力を225bhpに、ピークトルクを271Nmに引き上げ、3,750-5,750rpmの間で使用できるようになる。

この結果、ロードスターの0-100km/hのタイムは7.3秒から5.3秒へと大幅に短縮された。これは、決して悪いことではない。

ステージ2では、「溶接ステンレススチール2.5インチボア高流量エキゾースト」を導入し、250bhpと298Nmにさらにジャンプアップする。そして0-100km/h加速もさらに10分の2短縮される。

さらに、オプションのForge Motorsportインタークーラーを購入することで、最も過酷な条件下でも吸気温を最適に保つこともできるのだ。

「BBRは、ND型MX-5のステージ1およびステージ2パッケージの開発において、社内で何ヶ月にもわたってダイノと実走行による検証を行ってきました」とBBRのニール マッケイは説明した。「その結果、スーパーチャージャーのアップグレードは、BBR独自のコンポーネントを豊富に備え、究極の信頼性を維持しながらパフォーマンスを向上させるように設計されているのです」

「また、Rotrexスーパーチャージャーは、BBRの最も簡単な強制誘導のインストールを可能にし、ほとんどのDIYメカニックの能力の範囲内で、どの専門家にとっても簡単な作業になります」

そうそう、スパナの扱いが上手な人なら、確かに現金を節約できる。ステージ1はDIYで3,895ポンド(67万円)から、ドライブイン、ドライブアウトサービスは4,795ポンド(82万円)からとなっている。ステージ2は、それぞれ5,395ポンド(92万円)と6,495(111万円)だ。

このアップグレードは、2015年から2019年に製造された2.0リッターNDロードスターで利用可能であることを指摘するのは、価値がある情報だろう。19年以降のアップグレードパックについては、現在作業が進行中だ。

そして、信頼性について少しでも心配している場合は、BBRが12ヶ月の保証を提供するということで安心してもらえるだろう。私たちの道路へのブラックリーの他の貢献(AMG ONEを走らせた)を考えると、この地域で行われている仕事ならうまくいきそうだ。



みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「いいんじゃない?」
「マツダがKLエンジンを搭載していれば、もっとうまくやっていただろうと私は今でも思っている。トルクこそ223Nmだが、わずかに 200bhp を超え、もちろん、シルキーで滑らかな V6 のタイミング ノートと素晴らしい排気音も得られる。正直なところ、200bhp を提供する 2.5 リッター KL は、アップグレードに最適だ。もう少しアグレッシブなタイミング、より強力なクランク、軽量のピストン、自由に流れるエキゾーストを使用すれば、250bhp を簡単に達成できるはず。
だが、マツダが公式に見て、そのような車には十分な需要がないと判断したというのは正しいと思いる。明らかに、アフターマーケット コンバージョンを提供しているすべての人々が間違っていたってこと」
「ディテールがね。現在の ロードスター 2.0 は、いくつかの出版物によると 0-97km/hを 6 秒未満で実行し、車とドライバーの人々はそれを 5.4 秒としている。明らかに、重量をあまり増やさずにパワーを上げれば、ロードスター はさらに速くなるはずなので、数値が異なる理由はわからない」
「このキットをターボキットと並べて見て、どのように機能するかを見るのは興味深い」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/55154/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ