新型三菱 XFC コンセプトは今後の三菱自動車の未来を見せてくれる まあ英国の人には関係ないんだけど…


ランサーエボリューションXIのあたおかな最新特別仕様車について書きたいところだが、今回は、三菱 XFCコンセプトについて話したい。もうみんな知っていると思うけど、ベトナムで発表されたコンパクトSUVで、東南アジア市場向けの新しいクロスオーバーを予感させるものだ。

とにかく、三菱によれば、XFCコンセプトは「エキサイティングな人生に最適な相棒」を目指しているのだそう。エクステリアデザインは、がっしりしたアーチ、怒った顔のグリル、T字型のライトなど、ボルボ的な香り以上のものがある。どうやら「Robust & Ingenious(堅牢かつ独創的)」という哲学に則っているようだ。

インテリアは、ソフトタッチの素材がふんだんに使われ、見た目も美しいレザー/クロスシートが採用されており、素晴らしい出来栄えだ。画面もそれほど重い感じじゃない。

今のところ技術的な詳細は不明だが、XFCコンセプトから生まれたクロスオーバーは、内燃機関パワートレインを搭載し、4輪駆動で発売される可能性があるようだ。「新型コンパクトSUVは、2023年度にベトナムを含むASEAN市場に順次投入する予定です」と三菱自動車のボス、加藤隆夫は言っている。「将来的には電動化モデルを追加し、ASEAN以外の地域にも展開していく予定です。ASEAN市場向けの車から世界戦略車へと成長させたいと考えています」

さて、あなたはまだあたおかなエボの話をされたいのか、それともこれで満足なのか?以下で、お聞かせいただきたい。



みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「誰も気にしない」
↑「そりゃ、キミが気にしないってことだろ」
「うーん…正直なところ、この三菱BEVの方がはるかに好感が持てるな(少なくとも私の目では)。BMWの最近の形状サイズのBEVよりも。そしてまともな価格で売れるだろう」
↑「ただし、少なくともBMWは今でもエキサイティングな車を作り、良い車を作る方法を知っているよ。三菱は車を作るのを完全にあきらめて、家電を作っているみたいだ」
↑「電動化とBEVは同じじゃない。前者は、ある程度の電気的支援があることを意味している。それがICEを完全に捨てることを意味するか、単にマイルドハイブリッドナッジを与えることを意味するかは、状況によって異なる。そのため、自動車メーカーは、たとえば 2024 年までに全モデル範囲を電動化すると約束するのは非常に簡単なこと」
「ぶっちゃけ、バッジを付け直したヤリス クロスのように見えるけど、インテリアは非常に違っているため、おそらくそうではない」
↑「確かに、インテリアはとても新鮮に見える。その下部パネルが適切なボタンを搭載したパネルになれば、それで十分。このタッチセンシティブパッドのナンセンスはナシ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/55144/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ