この小さなEVが0-100km/h加速1.461秒の世界記録を樹立



EVのドライビングエクスペリエンスで有名なものといえば、それは身体的暴行に近い加速だ。EVの性能を「これでもか」というほど発揮させるために必要なことをすべて行うと、静止状態から急加速への移行が非常に短くなり、加速が楽しいものでなく、苦痛に感じられるようになるのである。

グリーンチーム(Greenteam)の電気式ポケットロケットのドライバーは、静止状態から時速100キロまで、正確には1.461秒という速さで到達した。ここで使うべき動詞とは、何だろう。飛ばした?発射?撃たれた?出現した?

いずれにせよ、計算が正しければ、その瞬間、ドライバーは2Gの重さを感じ、自分の体重の2倍の重さで後方に押されるような感覚を味わったはずだ。たぶん、快適じゃなかっただろう。

0-100km/hが1.461秒とはどういうことかというと…もちろん、それを示すビデオもある。森の中で木が倒れるヤツとか。

さて、ここまで見ていただいて、何かお気づきの点はある?そうだよね、何でもそうなんだけど、早く終わってしまうと、何か物足りないんだよね。

160kg程度の車重で、このデルタVは驚異的なのは間違いない。 そして、この短い時間で静止から100km/hまで加速する物理学と工学は、我々の理解をはるかに超えていることも確かだ。

しかし、EVのドライビングエクスペリエンスで他に有名なことがあるとすれば、それは一本調子であるということだ。加速が速いだけで、それ以外は大したことない。その基準を少しずつ、つらい領域へと移行させていくことは、重量というものを思い知らされることにほかならない。コーリン チャップマンやゴードン マレーが一度や二度言ったように、重量は克服すべき真のハードルなのだ。




みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「スローモーションで見せるのはむしろ的外れな気がする」
「それを作った人にとっては良いことだが、興味ない」
「ちょっとお尻が痛い人みたい」
↑「彼らは正しいだが、この0-100自体がEVが持つ唯一のギミックだ。いつの日か、ガソリン車よりもコーナリングの良い EV を作れるようになるかもしれない」
↑「2022年のマクマートリー・スピアリングのプロトタイプを見たことがある?」
↑「パイクス ピークはカウントしていい?有名な「雲へのレース」は 156 のカーブ (かなりタイトなターンはほとんどない) のある上り坂を走る。だとすれば、パイクスピークの記録はフルエレクトリック(ID.R)のクラス無制限で保持され、テスラSプレイドは量産EV車の記録を打ち立てた。多くのパイロットがそれを「緑の地獄」と呼んでいるため、ストレート トラックは非常にカーブしている…。919 ポルシェ ハイブリッドは、5:19:55 記録の史上最高の記録とフル EV 無制限クラスの記録 - ID-R 6:05:35 を保持している。フル EV の生産バージョンでは、タイカン ターボ S はテスラ S 格子縞の記録を破ったし。これらすべては、フル EV (およびハイブリッド)が ICE 車を支配できることを証明している。ところで、これらすべての記録は 2018 年、2019 年、2020 年以降で作られている。ええ、誰かが完全なEVとハイブリッドの記録を破るためにICE車を再試行したい場合は、ICEが完全に禁止される前に急ぐ必要があるかもしれない」
「私が言いたかったのは、それがスリックタイヤで走っているということ。もちろん、ロードタイヤよりもはるかに多くの牽引力が得られる。つまり、それを「世界で最も加速する車」と呼ぶことは少し主観的じゃないだろうか。メーカーと特定の実行用に作られたコンパウンドで、リングタイムについても同じ条件でやってほしい」
「申し訳ないが、世界で最も加速する「車」ではない。それは0.8秒で時速97kmに到達するトップフューエルドラッグスターだ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/54843/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ