ロータス 72にインスパイアされたエヴァイヤ フィッティパルディ…限定8台は完売ですが


なに、ロータスが、2,000hpを超える電気自動車のハイパーカーで、多くの人がF1マシンの中で最高だと考えるものを、現金化したい…ゴメン、お祝いしたいだったね…つもりはなかったとでも思ってたのか?そんなわけないじゃない。

昨年末、ジェンソン バトンとコラボしたラドフォードのType 62-2に続いて、ロータスは、この(確かにとてもハンサムな)エヴァイヤ フィッティパルディを公開した。ブラジルのF1チャンピオンと、彼を2度のタイトル獲得に導いたロータス72(1972年)にインスパイアされたモデルである。これは、9月から本格始動を始めたLAPによるものだ。

あれから半世紀が経ち、コーリン チャップマンが開発したこの画期的なマシンは、現在でも8台しか残っていないそうだ。そして、すべて完売してしまっている。残念、無念。

それでも、一見の価値はあるよね?外装のデカール、ペダル、内装、ダッシュボードのエマーソンの手縫いのサインなど、ほぼすべてが黒と金で統一されている。彼が針仕事の名人だったなんて、誰が知ってた?

一方、センターコンソールのロータリーダイヤルは、現存する72のうちの1台から入手したリサイクルアルミニウムで作られている。いい感じ。

「このような特別な機会にヘセルの地に戻ってくることができて、とても光栄です」と、フィッティパルディ本人は発表会で語った。「このプロジェクトに参加できて本当に楽しかったし、新しいオーナーにこのクルマを見せることができたのは素晴らしい経験でした。ヘセルのテストコースで、エヴァイヤ フィッティパルディと、チャンピオンを獲得した私のType 72 F1マシンの両方を運転する機会を得たことは、素晴らしい機会となりました」

もちろん、エヴァイヤの驚愕なパフォーマンスの数値については、わざわざ思い起こす必要もないだろう。4基の電気モーターが1,500kW(2,000bhp以上)と1,700Nmを発揮し、地球上で最もパワフルな市販車となった。0-100km/hは3秒以下、0-300km/hは9秒以下、最高速度は349km/hに制限されている。

93kWhのバッテリーは航続距離402kmを実現しているが、スロットルを床まで踏み込むたびに航続距離は短くなることは確実だ。

【日本語字幕】ロータス エヴァイヤ:ハイパーEVのプロトタイプをサーキットでテスト

2009年のF1チャンピオン、バトンは、フィッティパルディを試乗した。「ジェットエンジンのような音だ!」と、彼は言う。「EVというと静かなイメージがありますが、そうじゃない。トルクは天文学的な数字だ。まるで宇宙船のよう」

「ドライバビリティとステアリングの方向性は、ロータスを運転していることを実感させるもので、その俊敏さには驚かされます。これこそ未来のロータスであり、自分のエヴァイヤを運転するのが待ち遠しいです」

いつかヴィンテージ中古車のサイトで探してみる価値はあるかな?昨年、TGがプロトタイプに試乗したときのことを思い出してほしい…。あのときはプロトタイプで、400hp足りない段階だったけどね。あらー。

みんなのディープラーニング講座 ゼロからChainerとPythonで学ぶ深層学習の基礎

=海外の反応=
「そうそう、お願い。実は、2台欲しいんだ。あと、サーキット走行用にゴールドリーフ色も1台」
「ロータスの象徴的なカラーリングは、いつまでも輝き続ける」
「まだ市販車ではないので、最強の市販車ではない。私たちが知る限り、彼らはグローバルなホモロゲーションに近づいていないし、存在しない車の限定版を作るのは、控えめに言っても無粋だ」
↑「このようなことは心配する必要はないが、重量面ではリマックやピニンファリーナの豚よりかなり軽くなることは分かっている🐷🐖」
↑「このフルBEVスーパーカー(エヴァイヤ、ピニンファリーナ、ネヴァーラ)の比較を見てみたい!あの太った豚ちゃんたち🐷が一緒に並んで走っているところを見てみたい」
「大好きなんだが、オプションでフィッティパルディのサイドバーンはついてくるんでしょうか?」
「信じられないほどセンス良く仕上がっているよね!ゴールドを使いすぎているわけでは全くない。少なくとも私の目には、今までで一番格好良いエヴァイヤの仕様に見える」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/10/54792/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ