KTMが電動ジェット戦闘機キャノピーを装備した狂気のX-BOWでカムバ



ビッグニュース!あのガイ●チオーストリアのKTMがロードカーのゲームにカムバする。やったー!新型KTM X-Bow GT-XRへようこそ。

見た目はまさに…まんま「オレたちのKTM」って感じ。同社はすでに1年ほど前から似たような外観のX-Bow GT2のキャンペーンを行っているけど、GT-XRは、スピードバンプ用の油圧リフト(オプション)、エアコン付きキャビン、Bluetooth接続、160リットルのトランクとグローブボックスまで備えたちゃんとしたロードカーなのだ。超実用的じゃん。

でも、これだけだとつまらないよね?モータースポーツ方向の装備について知りたいんじゃ?2000年代後半に初代X-BOWを支えたカーボンモノコックを進化させたものが、その下に鎮座しているのだ。超強力で重量はわずか89kg、エンジンは鋼管製のリアフレームに収められている。

エンジンは、アウディのRS3用2.5リッターターボ5気筒で、最高出力486bhp、最大トルク582Nmを発生する。車重も1,250kgと軽量なので、ロケット並みの速さを発揮するはずだ。KTMは最高速度を280km/hと発表している。

外装はすべてカーボンファイバー製で、エアロはGT2レーサーから直接受け継いだ「エアカーテン」システムと、地面効果を最大化するために設計された専用フロアを備えている。KTMは、このGT-XRを「純血のレーシングカーに最も近い公道走行可能な車両」であるとしている。

ギアボックスは7速DSG、ブレーキはオプションでカーボンセラミック、ダンパーはザックス製のアジャスタブルユニットを採用している。パワーは後輪に送られ、モータースポーツ仕様の機械式デフで後輪に分配される。ステンレススチール製のエキゾーストは、KTMによると「触媒コンバーターとサイレンサーはオプションで用意されています」とのこと。もし私たちが注文するのであれば、わざわざそのボックスにチェックを入れる必要はないだろうけど…。

もっと詳しく知りたい?ホイールはOZレーシングがデザインした特注のセンターロック式、ステアリングホイールにはLEDディスプレイが内蔵され、燃料タンクは96リットルの大容量で、1回のタンクで621マイル(1,000km)まで走行可能だ。このクルマで、ロードトリップを考えている人はいる?それもそうだね。だって、名前にGTとついているんだから。それなら、ABSとESP、電子制御式パワーステアリング、フロントとリアにLEDライトを装備しているから、長距離も安心だ。

GT-XRの最大の特徴は、「電動ジェット戦闘機キャノピー」と呼ばれる大きな開口部で、車の上部から乗り降りでき、ソフトクローズ機能(イケアのキッチンキャビネットのようなもの)を採用していることだろう。正直なところ、このためだけに買ってもいいくらいなのである。


=海外の反応=
「今、これは彼らの最も野心的な車であるし、これはおそらく、これまでで最高の車になるだろう」
「右ハンドルの予定は?」
「重量に少し驚いた。シリーズ3のロータス エキシージ(現在は生産中止)の車重は1100キロを大きく下回っている。これはカーボンモノコックでもそれに匹敵することもできないのでは?」
「まあね。確かにそれらしく見える。でも、キャノピーはカッコイイけど。戦闘機みたいな感じで。火の海で逆さまになったとき、どうやって開けるんだ?衝突実験をクリアできるんだろうか」
「5気筒には、やられたね。また、ACベントやセンターコンソールのボタンなど、アウディの部品箱からインテリアトリムを取ってきたように見える」
「490馬力は、900kgの裸のX-BOWでは精神的なものだっただろう。日常的に使えるようにするために必要な350kgを追加すると、もっと面白くなくなる」
「見た目もカッコいいし、重要なこと。とてもユニークだ」
「フロントビューが少しずれてるよね。あと、0.4ps/kgって今日でもスーパーカーの領域なの?」
↑「911 GT3 RSは200kg重くなるけど、それほどパワフルではなく、40馬力ほどパワーアップしているだけ。非常に興味深い双子のテストになるはずだ。スーパーカーだが、ドラッグストリップではなく、コーナーで顔を引きちぎることに重点を置いている」
↑「おそらく同様に大幅に居住性が高いはず - RSはレクサスではないが、KTMは間違いなく "専用のサーキット車"スペクトルに沿ってさらに進んでいる」
↑「スポーツカーとスーパーカーの区別があいまいなのは明らかだ。直線の加速度だけではない、という点にはまったく同意する。ポルシェ カイエン ターボ541psと100km/h走行時間3.2秒がスーパーカーであることに異論を唱える人はいないと思う」
「このような、軽量で無駄なものがないスーパーカーを見ると、新鮮な空気を感じるよね」
「見た目と同じように、エンジン音も生々しいといいのだが」
↑「そういえば触媒コンバーターとサイレンサーはオプションだ。少なくとも何人かは自分の車からサイレンサーを取り外すことを希望するだろう」
「面白い」
「’戦闘機のキャノピー’って、なんかギミックっぽいけど、そこは気にしない。むしろ、ヤバい!」
↑「最初に思ったのは かっこいい…。しかし、もし、車輪が溝に落ちて、逆さまになって、ガソリンにまみれて燃えていたら、どうやって開けるんだろう」
↑「いやその前に、この広さと低さで、どうやったら反転できるんだろう?」
↑「どうひっくり返ったかを今想像しても、実際に起こったときにはあまり役に立たないだろう」
↑「衝突試験のルールと規則。ひっくり返る可能性が高いかどうかなんて気にしないんだよ。私も逆さまになったことがある。窓を蹴破り、膝の骨を折って這うようにして通り抜けなければならなかった。車が4、5回ひっくり返り、逆さまに着地したとき、どれだけ混乱するか。スゴいよ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/09/53736/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ