ベントレー スピード8がル・マン100周年記念で観客を魅了


人工知能と機械学習の人気オンライン講座

ベントレーは、ル・マン24時間レース100周年を記念して、2003年のレースで優勝した#7スピード8のダイナミックなデモランをカリフォルニア州のウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカで実施した。ベントレーのモントレー・カー・ウィークのプログラムのオープニングを飾ったスピード 8は、2003年のセブリング12時間レースでファステストラップを記録し最終的に3位に入賞して以来、米国で初めて走行を披露した。

スピード8がコースに出る前に、30台以上の現代のベントレーがロサンゼルスからラグナ・セカに到着した。ベントレーの顧客とVIPゲストは、美しいアズールのコンバーチブルからベントレーの現行モデルの全車種まで、さまざまな車に乗って2日間にわたり美しいパシフィックコーストハイウェイのルートをゆったりと走破したのである。

ベントレーの車たちはラグナ・セカに到着後すぐにパレードラップを行った。パレードの先頭を走ったのはベントレーマリナーのブロワーコンティニュエーションシリーズの最初の車であるブロワー・カーゼロで、ベントレーの会長兼CEOであるエイドリアン・ホールマークが運転した。ブロワーにスピード 8が加わり、ベントレーモーターズとル・マン24時間レースの長年の関係を象徴する2台が劇的な出会いを果たした。

スピード 8はその後、ベントレーのゲストや観衆が見守る中、レースペースでラグナ・セカを数周し、今でも健在な卓越したパフォーマンスを披露した。

#7スピード8は、カー・ウィークの会期中はモントレーに残り、19日(金)はザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリングに、20日(土)の夜にはベントレーマリナー・バトゥールの発表のための有名なシグネチャー・パーティーに登場した。

ここで、ベントレーとル・マン24時間レースの関わりについてご説明しよう。ベントレーは、会社誕生の年である1919年からレースに参戦している。最初のレースが開催されてから数十年、ベントレーは先駆的なエンジニアリングとドライバーの勇気のおかげで世界中のレーストラックで確固たる名声を築き上げてきた。

ベントレーとル・マンの歴史は、レースそのものと同じくらい古いものだ。W.O.ベントレーは1923年の第1回大会に参加していたが、ジョン・ダフ大尉とフランク・クレメントが運転する1台のベントレー 3リッターもプライベートで参加していた。この車は20台中唯一の英国車だったが、4位入賞を果たし、約70mph(113km/h)のラップレコードを樹立した。

このレースが、W.O.に変化をもたらした。レース前、彼は「こんなのは狂っている。誰も完走できないよ。クルマは24時間、あんな負荷に耐えられるようには設計されていないんだ」と言っていた。しかし、自伝の中で彼は、「真夜中になる頃には、これが私が今まで見た中で最高のレースだと確信していた」と記している。

翌年、ベントレーは再び、今度はファクトリーサポートのマシンとして参戦し、優勝を果たす。これは栄光の10年間の幕開けであり、その後W.O.と彼のドライバーたちはル・マンを制し、1924年から1930年の間に5回もの優勝を果たした。

1924年:3リッター、ジョン・ダフとフランク・クレメント

1927年:3リッター、ダドリー・ベンジャフィールドとサミー・デイヴィス

1928年: 4½リッター、ウルフ・バーナートとバーナード・ルビン

1929年:スピードシックス、ウルフ・バーナートとサー・ヘンリー・ティム・バーキン卿。ベントレーが上位4位を独占。

1930年:スピードシックス、ウルフ・バルナートとグレン・キッドソン。別のスピードシックスが2位入賞

ベントレーは2001年から3年間のレースプログラムを開始し、EXPスピード8プロトタイプでル・マンに復帰した。この車は、アンディ・ウォレス、ブッチ・ライツィンガー、エリック・ヴァン・デ・ポーレがドライブし、デビューイヤーに表彰台を獲得して競争相手を驚かせた。2002年は惜しくも4位となった。

2003年、マシンは完全に再設計され、シンプルにベントレースピード 8と名づけられた。 この年、2台のマシンがル・マンに参戦し、勝利を収めた。ガイ・スミス、トム・クリステンセン、リナルド・カペロがドライブする#7は、ポールポジションからスタートし、2位でフィニッシュしたマーク・ブランデル、デヴィッド・ブラバム、ジョニー・ハーバートがドライブする#8 スピード8に2周の差をつけてレースを制した。

2003年の優勝は、ベントレーにとって6回目の優勝であり、このことは、この世界で最も過酷な耐久レースにおいて、ベントレーが現在でも5番目に成功したメーカーであることを意味している。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53235/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ