6.9億円のブガッティ ミストラルはW16エンジン搭載で、わずか99台の限定スピードスター

人工知能と機械学習の人気オンライン講座

ブガッティが内燃機関時代に別れを告げるクルマ、ミストラル。8リッター、16シリンダー、4つのターボチャージャー、1,600馬力を誇るこの車は、ブガッティというアイコンを次のステップに送り出すために何か特別なものが必要な時代なのだ。本格的なロードスター/スピードスターは、どのようにあなたの心をつかむのだろうか?

「これは最後の一台です」と、同社のデザインディレクター、アヒム アンスハイトは限定プレビューの際にトップギアに語っている。(ブガッティのモルスハイム本社は、創業者エットーレ ブガッティが1928年に購入したシャトー サンジャンに隣接するレミゼ スッドにある)。「このロードスターは、エレガントで、お客様のコレクションの中で長く愛されるものにしたかったのです。このロードスターが最後の1台であること、そして非常に重要なものであることを、人々は強く意識することでしょう。このプロジェクトに取り組むにあたり、私はジャン ブガッティが第二次世界大戦前に手がけた最後のクルマを思い出しました。彼は、スタイリストとしてもデザイナーとしても非常に才能のある人でしたから、チームとして、この画期的な瞬間を祝うようなものを提供しなければならないという大きなプレッシャーを感じていました」

ブガッティは、スイスとフランスのコーチビルダーであるガングロフがボディを製作した1934年のタイプ 57 グランドレイドを新車の「ミューズ」として挙げており、今回のミストラルはブラックとトリュフブラウンのデュオトーン塗装にイエローのアクセントを加えてデビューさせている。これはエットーレ ブガッティが好んだカラーリングだそうだ。V字型のフロントガラスとエアロヘッドレストのサポートは、ミストラルにも共通するデザインだ。

シロン、ディーボ、セントディエチ、ヴォワチュール ノワール、ボリードに続き、ミストラルは、ブガッティが今の時代に避けてきた、ルーフを取り外すという離れ業をやってのけた。ブガッティ リマックのCEOであるマテ リマックは、「これまでつくられたブガッティ車の40パーセント以上は、オープントップのデザインでした」と語る。「シロンの時代には、これまでロードスターは存在しませんでした。W16ミストラルの導入は、この遺産を継承し、私たちの象徴的なエンジンの力強いパフォーマンスを体験する全く新しい方法を求めるお客様からの膨大な要望に応えたものです」

ミストラルは、ブガッティ最後の「オープン」モデルであるヴェイロン グランドスポーツよりもさらに上を行くモデルだ。そのデザインとエンジニアリングは完全なオーダーメイドであり、ボディは広範囲に渡って作り直されたと同社は述べている。ブガッティの歴代スペシャルモデルの要素を惜しげもなく取り入れた、いわばベストヒット的なモデルというわけだ。「私たちはディーボからスタートしました」とアンシャイトは説明する。「あのクルマは、ブガッティのラインを別の形で表現していますし、プロポーションも違っています。水平ではなく、垂直の顔なのです。そして、「ラ ヴォワチュール ノワール」では、さらに要素を減らし、バイザー付きフロントガラスを採用しました。これはロードスターに似合うと思ったんです」

それは、ひとつの印象的なモチーフだ。そして、フロントガラスがサイドのエアインテークに流れ込み、ボディサイドのラインとつながってホースシューグリルへと続いていく様子は、まさに新解釈といえよう。これはブガッティがシロンのプロフィールに採用している「Cフープ」を再解釈したものだとアンスハイトは言う。しかし、エンジンのエアインテークをパッセンジャーコンパートメントの上と後ろに設置したことで、ヴェイロンを巧みに呼び戻したとも言える。ラムインダクション エアスクープは、車の安全構造の一部でもあり、横転した際にミストラルの重量を支えることができる。しかし、そのことにこだわるのはよそう。ブガッティによれば、この新しいセットアップは、W16のユニークな音波の特性をも高めるという。このクルマは、「エンスージアスト」な使い方をすると1分間に7万リットルの空気を飲み込むエンジンのための、なかなかのキャンバスなのだ。

クワッドヘッドライトは、LEDを縦に配置した複雑なデザインだが、実はエアロダイナミクスの機能を備えている。
ホイールアーチから空気を送り出すのだ。ホースシューグリルの幅が広いため、エンジンのラジエーターは1つのインテークから供給され、サイドの2つのインテークはインタークーラーにのみ供給される。

リアでは、ボライドの華麗なXテーマがよりエレガントにアレンジされ、印象的なテールライトのトリートメントによって命を吹き込まれている。このテールランプは、サイドオイルクーラーを排出するためのダクトで、ネガティブスペースからサイドラジエーターにつながるという機能的な目的も持っている。ロータス エヴァイヤのような、一見すると何もないように見えるものを効果的に使うデザインも、その一例だ。

ミストラルのインテリアは、現代のブガッティを特徴づけている巨大な堅固感を維持しながらも、よりハンドクラフト感を高めている。ドアパネルにはレザーがあしらわれ、ギアシフターはアルミニウムの固まりから削り出されたものだ。エットーレの弟で、非常に優れた芸術家であったレンブラント ブガッティの象の踊りの彫刻が、木と琥珀色のインサートとして収められている。「ボッテガ ヴェネタのような内装を実現しました」とアンスハイトは言っている。「ドアパネルは手作業で仕上げました。ギアシフターをカスタマイズしたり、奥さんや子供、犬、あるいは自分の象を3Dプリントすることも可能です」

ブガッティW16ミストラルの価格は正味500万ユーロ(6.9億円)で、99台はすべて予約済みだ。

=海外の反応=
「ICEの時代が終わり、新車は金持ちのための限定モデルしかないのが残念だ。ブガッティ自体は、まあまあの出来だと思うけど。最近、もっとひどいのが発表されたし」
「夜はきっと素敵なんだろうなぁ。ライトをつけずにね。黒いシートで覆われているから、危なくてしょうがないよ。あれだけのお金をかけて、まともな外観にする余裕がなかったのだろうか?そうなのか?」
「ミストラルとは、南フランスから地中海のリオン湾に吹く、強く冷たい風のことらしい」
「ひどいなあ!」
「ハイパーカーってのは値段が高いほど、デザインが醜くなるようだ」
「この間のスピードスターが多すぎるという記事を読んだけど、今となっては本当に真実味を帯びてきた」
↑「自動車ジャーナリストにとって残念なことに、最近の車はほとんど同じで全く当たり前のもので、設計されたものにはかなり優れているのだ。
このブガッティは、ある時代との決別であり、記事にする価値があると私は思う。また、マテ リマックがこの車について語るのは非常に面白い。おそらく、現在の自動車業界で最もありえない人物だろうから。他のスピードスターについては、本当にたくさんありすぎるのは同意」
「なんでみんなこんなに嫌がってるのかよくわからない。特にフレンチブルーは素晴らしいと思う。あと、ボライドにインスパイアされたリアのXシェイプが気に入っているよ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53068/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ