最も特別なグランドツアラー、ベントレー マリナー バトゥールの世界公開、迫る


人工知能と機械学習の人気オンライン講座

ベントレー・マリナー・バトゥールは、マリナーが製作するハンドクラフトで無限にカスタマイズ可能な次の特別なグランドツアラーで、今週末のモントレー・カー・ウィークで世界初公開される予定だ。

バトゥールは、ベントレーが12台製造したバルケッタデザインの特別なバカラルの後継モデルいという存在以上のモデルとなっている。デザインディレクターのアンドレアス・ミントの指揮の下、過去の名作を再解釈し、コントラストを強調したすっきりとした新しいフォルムとして仕上げられ、ベントレーのまったく新しいデザイン言語を提案している。この新しいベントレーのデザインDNAは、2025年に最初に発売されるベントレーバッテリー電気自動車(BEV)の将来のラインアップを示唆するものである。

バカラルと同様、バトゥールは美しい自然の水辺にちなんで名づけられた。バトゥール湖は、インドネシア・バリ島のキンタマーニにある水深88m、面積16km²のクレーター湖だ。

またバカラル同様、バトゥールには、顧客との究極の共同創造とパーソナライゼーションの機会が凝縮されている。すべての表面と部品の色と仕上げをお客様が指定することができ、バトゥールの仕様は無限大だ。素材の選択肢には、持続可能な天然繊維複合材料、低CO2レザー、さらには3Dプリントされた18Kゴールドも含まれる。

バトゥールは、ベントレーの象徴であるW12エンジンを記念し、かつてないほどのパワーとトルクを生み出す改良を施している。世界で最も持続可能なラグジュアリーモビリティ企業を目指してビヨンド100の旅を続けるベントレーにとって、W12エンジンは黄昏の時を迎えようとしているが、バトゥールを究極のベントレーグランドツアラーにするまでは、その役目は続く。W12のパワーは、ベントレー史上最も先進的なシャシーシステムによって、圧倒的な直線性能に見合った優れたダイナミズムをもたらす。

ベントレー・マリナー・バトゥールは、8月21日(日) 4:00 BST(英国夏時間) 12:00(日本時間)に全世界に公開される。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/53013/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ