ベントレー モーターズがグローバルエージェンシーの再編成 完全な電動化製品ポートフォリオで ラグジュアリーライフスタイルのリーダーを目指す



ベントレーモーターズは、2030年までの製品群全体の完全電動化に備え、世界で最も有名なラグジュアリーライフスタイルブランドのひとつとなるべく提供内容を多様化する中で、ブランドのマーケティングコミュニケーション戦略全体を進化させ変革するために、マーケティングミックス全体でエージェンシーパートナーの変革計画を発表している。

ベントレーモーターズは、2020年にビヨンド100戦略を発表した。これは、事業のあらゆる側面を刷新し、エンドツーエンドでカーボンニュートラルな組織となり、世界有数のラグジュアリーライフスタイルブランドとなることを目指すものだ。

クリエイティブおよび戦略的マーケティングコミュニケーションにおける新たなリードエージェンシーの任命は、この革新的なプログラムの最新段階であり、Web 3.0への道を開く、デジタルファースト戦略の進化も含んでいる。

戦略・製品・マーケティング担当ディレクターのスティーブン・デ・プロイは、次のように述べている。
「この発表は、グローバルラグジュアリーブランドとして2世紀目を迎えたベントレーモーターズのビジネスのあらゆる側面を変革するビヨンド100戦略におけるエキサイティングな新フェーズを示すものです」

「マーケティングへの取り組みは、当社の変革の中核をなすものであり、その進展を後押ししてくれる新たなパートナーの加入をうれしく思っています。私たちの計画は、製品だけでなく、革新的なブランドの拡張やエキサイティングなパートナーシップにまで及びます。また、持続可能で倫理的な現代のラグジュアリーの模範となるべく、人々を前面に押し出したコミュニケーションで、新しいオーディエンスを惹きつけていくつもりです」

ベントレーのクリエイティブおよび戦略的エージェンシーパートナーとして、インターパブリックグループはオープンアーキテクチャ iXを通じて、マッキャンワールドワイドを主要エージェンシーパートナーとして、戦略的コミュニケーションプランニング、ブランドキャンペーンや製品発売を含むクリエイティブ開発、アセット制作、ブランドのストーリーテリング、ソーシャルおよびデジタルマーケティングの活性化を担当する。

ブランドコミュニケーション部門の責任者であるクリストフ・ホーマンは、次のように述べている。
「彼らのオープンアーキテクチャのアプローチ、クラス最高の幅広い分野、そして地理的な広がりは、魅力的なオファーを生み出し、世界で最も有名なラグジュアリーブランドの1つを、自動車だけに留まらず、サステナブル建築(例えばベントレーレジデンスマイアミ)、インテリアデザインおよび家具、ラグジュアリー商品、慈善活動、NFTなどのデジタル提供など、多様な分野へと進化させ続ける私たちの多面的なマーケティング要件にも合致します」

これは、ベントレーのラグジュアリーブランド体験のための世界戦略の開発を推進する新しい体験パートナーであるセットクリエイティブとの契約に続くものだ。

ラグジュアリーライフスタイルとコミュニケーションを専門とするグローバルPRエージェンシーであるSIMON+SIMONは、ベントレーのコミュニケーションチームと協力して、自動車関連以外のメディア、インフルエンサー、富裕層コミュニティと戦略的かつ創造的な関係を構築する予定だ。ラグジュアリー分野における彼らの確かな専門知識は、アーンドメディアを通じて新しいオーディエンスにリーチすることに重点を置くベントレーの活動をサポートする。

「エージェンシーチームは革新的で創造的なマーケティング・プログラムの実施において素晴らしい経験を有していることは言うまでもありません。私たちは、ブランドの発展におけるこの非常にエキサイティングな時期に彼らと仕事をすることを本当に楽しみにしており、彼らが私たちの大胆な新しい方向性をサポートする適切なパートナーであると信じています」とデ・プロイは締めくくった。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/08/52789/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ピックアップ

アーカイブ