グランドセイコー「44GS」55 周年記念、ほんのひとときしか見られない「信州の雲海」を表した限定モデル

グランドセイコーより、「44GS」55周年を記念した特別な限定モデルを7月8日(金)より発売する。価格は440,000円、全世界で2,000本の数量限定だ。

“セイコースタイル”とは、精度の最高峰を目指して誕生したグランドセイコーに、高級腕時計として世界に誇れる外観を与えるべく考案された、燦然と輝く腕時計を生み出すデザイン文法であり、1967年に発表した「44GS」にて確立された。その根底にあるのは日本の美意識。日本独特の美意識を原点とし、磨きあげた歪みのない平面を主体とする独自のデザイン文法と、平滑で美しい面に磨き上げる「ザラツ研磨」をはじめとする高度な匠の技術により実現している。

グランドセイコーのクオーツモデルを製造する「信州時の匠工房」の地「信州」では、様々な気候条件がそろう早朝のひととき、壮大な「雲海」を望むことができる。現れては消えてしまう美しくも儚い光景をモチーフに、幾重にも重なった雲を思わせる型打ち模様と美しい水色を組み合わせ、一瞬の情景をダイヤルに表現している。

標準の時間精度年差±10秒の「キャリバー9F85」を、年差±5秒まで高めた特別精度のクオーツムーブメントを搭載。その証として、6時位置にはゴールド色の「ファイブ・ポインテッド・スター」が輝く。

「44GS」55周年記念ならではの仕様として、ゴールド色の美しい仕上げが施されたムーブメントを鑑賞できるシースルーバックを採用。キャリバー9F85では初となる構造のため、受け板固定ねじに青く輝くテンパー処理を施した。特別モデルの証として、裏ぶたには
LIMITED EDITIONの刻印とシリアルナンバーを記している。

https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgp017

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50655/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ