新型ベントレー コンチネンタル GT S、V8のコンチGT/Cに迫力のスポーツエグゾーストとSバッジを身にまとって登場

ベントレーは、新型コンチネンタル GT Sとドロップトップ型のGTC Sを発表した。

ベントレーによると、Sは「ドライビングパフォーマンスとビジュアルプレゼンスに重点を置いた」モデルだ。そのため、より軽量な4.0リッターツインターボV8エンジンとの組み合わせしかないのだが、これ以外のパワートレインはないので、550psと770Nmのトルクだけしか選べないだろう。もちろん、それで十分だ。

ハードトップのコンチが4.0秒、コンバーチブルが4.1秒という0-100km/hのタイムも変わりないが、Sを指定すると、けたたましい新しいスポーツエグゾーストシステムが装備される。

また、グリルやライトの周囲など、通常のクロームワークもすべて「ブラックグロス」で仕上げられている。ライトはダークティンテッドで、もちろん内外装には大量のSバッジが装着される。また、22インチの新デザインのホイールもオプションで用意され、さらにスポーティな赤いブレーキキャリパーが装備される。少なくとも10psのパワーアップの価値に相当しそうなものだ。

インテリアは2トーンカラーで統一され、無限のカラーバリエーションから選べ、ヘッドレストにはさらにSバッジが刺繍されている。


=海外の反応=
「あのグレーの色は、もうすっかり定着したね…。近所のフィエスタをはじめ、みんな持っているから、今では当たり前すぎるほどになった」
「"新型"の新しい意味に違いない」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50205/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ