エリザベス女王のバッジがついた特別なシルバーのマクラーレン アルトゥーラ

マクラーレンは、エリザベス女王のプラチナ・ジュビリーを祝うために、特別な新色を開発した。私たちは本当にクルマにこだわるべきだね。

とにかく、プラチナ・ジュビリーとは即位70年を意味し、女王陛下は18年前にマクラーレン・テクノロジーセンターを開設したときに立ち会っているので、そのお祝いが必要だったのもある。

上の写真はワンオフのアルトゥーラで、シルバーの特別なカラーリングだ。このカラーリングはマクラーレンのスペシャル・オペレーションズ(MSO)が制作したもので、耐久テストや実施テストを経て、丸8日かけて完成したそう。さらに、エリザベス2世のプラチナバッジがあしらわれている。マクラーレンによると、このカラーは「今後数年間」注文が可能とのこと。

あなたの次のスーパーカー購入の際にも、この色を使ってみたいと思う?インターネットの皆さん?

GLP-1ダイエット
=海外の反応=
「なぜすべての自動車メーカーが、王室よりも英国の繁栄に貢献している普通の英国市民のお金を浪費する、この時代遅れの寄生虫を祝福しなければならないのだろう」
↑「申し訳ないが、それは的外れと言わざるを得ない。王室は有名人であり、観光収入の良い材料でもある。しかし、エリザベスが去った後のチャールズの「戴冠式」をスルーするのはどうかと思う」
「バカだなぁ」
「こんな、"粋"な色使いをするのが好き」
「これ以下のものを求めるのは無理があると思うほど、どうしようもなくダサい」
「このままだと普通のシルバーと同じに見えるじゃん」
「アンドリュー王子に一番似合うのは何だろう?茶色か透明か?」
「牢獄の色」
「McQE2のバッジをつけなかったのが失敗だね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49110/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ