フォード E-トランジット カスタムは航続距離380kmの新型電動バン

フォードは、最近発売したフルサイズのE-トランジットに続き、英国のベストセラー車のオール電化の後継車を発表した。勇敢なことである。

では、インターネットの皆さん、新型フォードE-トランジット カスタムにご挨拶を。怒っているように見えなくもない?

フォードはまだ技術的な詳細を発表していないが、E-トランジット カスタムはゼロから設計され、最大380kmの航続距離を実現すると述べている。また、DC急速充電(ただし、どのような速度で充電できたとしても、待ちはあるだろう)と "フル牽引能力"を約束している。

LED照明も一通り搭載されているし、ProPowerオンボードテクノロジーと呼ばれるもので、オフグリッド中に電動工具、照明、デバイスを接続することができる。便利ですね。

E-トランジット カスタムが今年末にトルコで生産開始されれば、さらに詳しいことがわかるだろう。フォードは、この車を2024年までに導入する予定の4台の電気商用車のうちの1台に過ぎないと約束している。

この車の外観はいかが?

=海外の反応=
「なかなか良さげ。実際に荷物を積んだときの航続距離はどれくらいになるのか、コストはどれくらいになるのか。個人事業主が使えるのか、それともバッテリーの電気化によるPRのために余分なコストを吸収できる企業向けなのか。VWやフォードの新型BEVのライフサイクル分析を見て、本当に以前より地球に優しいのかどうかを確認するのが良いだろう。この分析を作成しているのはボルボ/ポールスターだけだが、これでは本当の利点がわからない」
「あのVWのマルチバンEV(バズと呼ぶのはお断り)よりはるかに便利だ」
「私でも乗れそうなEV。でも、色は白。凹みが好きだな」
「これはかなり良さそう。ダッシュボードに新聞を敷いて追い越し車線でこれを見るのが待ち遠しい」

ピックアップ

アーカイブ