007/ジェームズ・ボンド映画シリーズの60周年を記念し、 スタントドライバーのマーク ヒギンズが「DEFENDER」で「2022 Bowler Defender Challenge」優勝

ランドローバーは、ジェームズ・ボンド映画シリーズが2022年で60周年を迎えることを記念して、ラリー用の装備を追加し、専用リバリーを施したワンオフの「DEFENDER 90」を製作した。

ブリティッシュ・ラリー選手権で3回の優勝経験を持ち、ジェームズ・ボンド映画のスタントドライバーでもあるマーク・ヒギンズは、この特別な「DEFENDER 90」で、3月26日に開催された全7戦のワンメイクラリーシリーズ「2022 Bowler Defender Challenge」のノースウェールズ・レグに、コ・ドライバーのクレア・ウィリアムズとともに参戦し、ライバルに1分41秒の差をつけ、55分12秒のタイムで優勝、ラリー復帰を果たした。マーク・ヒギンズは、これまでジェームズ・ボンド映画4作で(『007/慰めの報酬』、『007/スカイフォール』、『007/スペクター』、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』)でスタントドライバーを務めている。そんなマーク ヒギンズの華麗なドラテクは、下の動画で確認しよう。14:32から登場する。

今回製作した「DEFENDER 90」には、ジェームズ・ボンド映画のトレードマークであるブラックとゴールドをエクステリアに採用し、ボンネットとテールゲートにはこれまでのジェームズ・ボンド映画のタイトルが記され、さらにルーフとサイドには特別な60周年ロゴも加えている。

新型「DEFENDER」は、最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」に登場しており、ボンド映画の過去4作品でスタントドライバーとして経験を積んできたマーク・ヒギンズにふさわしいクルマだ。

ジェームズ・ボンド映画のスタントドライバーであり、ラリー・チャンピオンでもあるマーク・ヒギンズ氏は次のように述べている。
「新型『DEFENDER』は、生産ラインから出荷された時からタフで走破性の高いモデルです。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の撮影の時も極めて難易度の高いスタントをこなしているのを見ました。Bowlerチームがレース用に改良を加えてくれ、また、クレアが一緒なので、素晴らしい結果が出せました」

今回の競技用のジェームズ・ボンド仕様モデルは、INGENIUMエンジンを搭載した「DEFENRE 90(P300)」をベースに、フルロールケージ、エンジンおよびトランスミッションの冷却強化、スポーツエグゾースト、新たなリアルーフスポイラーなど、安全性を高めるための様々な改良を施している。

さらに、オールテレインタイヤを装着した18インチのBowlerホイールを採用したほか、サスペンションも、サブフレームを変更し、新しいスプリングや剛性を高めるための独自のタレットを備えたビスポーク仕様で、さらなる強化を図っている。

ランドローバーのブランド・ディレクターである、フィンバー・マクフォールは次のように述べた。
「ランドローバーとジェームズ・ボンド映画シリーズの長きにわたる協力関係を記念して、この特別仕様車を製作しました。彼らは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場する『DEFENDER』の耐久性とオールテレイン走破能力を披露してくれました」

モータースポーツ協会がレギュレーションを管理し、Bowlerが運営する「2022 Bowler Defender Challenge」は12チームで争われ、毎年開催されるダカール・ラリーなどの世界的なラリーレイド競技への登竜門となるシリーズとして企画されている。マーク・ヒギンズとクレア・ウィリアムズは、3月26日にドルゲラウで開催されたノースウェールズ・レグで、グラベルコースを走った。

ピックアップ

アーカイブ