スポーツカーメーカーのSUV参入にウンザリし、ついにランドローバーが次期ディスカバリーをミッドエンジンスポーツカーに

本日、英国の4x4専門メーカーであるランドローバーは、次期ランドローバー ディスカバリーをライトウェイトスポーツカーとすることを発表した。

ランドローバーは、フェラーリ、ランボルギーニ、アルピーヌ、アストンマーティン、そして今やロータスまで、伝統的なスポーツカーメーカーが大型ライフスタイルSUVでその領域に食い込んでくるのにうんざりしており、自分たちのゲームによって、すべてを打ち負かすことにしたのだ。

ランドローバーの広報担当者はトップギアに、「私たちは、ランドローバーが純粋なドライビングマシンを提供するための真のギャップが市場に存在すると考えています」と語った。

「スポーツカーブランドがこぞってレンジローバー スポーツをコピーしようと躍起になっている中、私たちは、ハロースポーツカーの販売台数が年間8台近くを超え、イヴォーク カブリオレの2倍の人気を博すと計算しています」

では、なぜデラックスなディスカバリー-4x4の方向転換をしたのだろうか?

「というのも、誰も図体ばかりデカくて信頼のおけない戦車を欲しがらないからです。しかし、プラットフォームを反転させれば、ミッドエンジン4WDスポーツカーの完璧なベースができあがることに気がついたのです。しかも、"顔"が似ていますし」

ランドローバー本社は、新型911を撃墜するクルマのシェイクダウンのためのプライベートテストトラックを建設するために、地方のコッツウォルズのオフロードコースをコンクリートで覆う許可を政府から得ている。「我々はシルバーストーンを雇うことを検討しました。ですが、それは必死にDBXをヴァルキリーを上回るようにしようとしているアストンマーティンによってブロックされ、先に予約されてしまったのです」と、事情を話してくれた。

また、ディスカバリーのスペックリストを決定する際には、ロータス エレトレやフェラーリ プロサングエの新型車について憤慨するソーシャルメディアのアカウントに対しても細心の注意を払ったと、同社関係者は語っている。「マニュアルギアボックス、ハードクランク始動、マニュアルチョークを備え、重量はゴードン マレーのティーバッグ1個分より軽くなります」と、パワートレイン主任のイアン フォテインメント=メルトダウン氏は約束した。

「さらに、通常のテレインレスポンスのソフトウェアを再コード化し、新型ディスカバリーはどんな路面にも対応できるようにセットアップできる代わりに、直線でもワイルドにオーバーステアするようにしました。このモデルを本当のお金で絶対に買おうとしている人たちは、安全で使い勝手がよく、信頼性の高い現代のスポーツカーにうんざりしているのですから」

新型ディスカバリーは、シンガーの新型カイエンと戦うために、来年4月1日の発売を目指している。ランドローバーは、その苦労を次のように語っている。「私たちにとって、本当にチャレンジングなことでした。リア・ナンバープレートを正しい位置に設置するために、クリスマスからずっとかかっているんです」

=海外の反応=
「そして、来年4月1日にも発売」
「恥ずかしながら、最後の一行でクラクラしてしまった。よくやった」
「この車種は、リアナンバーが車体側に来るほどオフセットされていない限り、注文はしない。でも、ウイングミラーは大好き」
「写真のDiscaymanveryはかなり良さそうだ」
「自然吸気のV12で、カーボンボディで、もちろんダスターを下取りした人には無料で提供される。そして、来年4月1日に発売される」
「今日が何の日なのか、数秒で気付いた😅。
アストン マーティン DBXがヴァルキリーを追い越すために今日も実を結んでいる話をまた聞かせてほしいな」

ピックアップ

アーカイブ