「次に来るのはメタバース」マクラーレン・オートモーティブがいち早くメタバースに進出

「次に来るのは、メタバース」と言われているが、まだ浸透しきった感は正直薄い。FacebookがMetaに変わったんだっけ?でも、何するのかは正直、よくわかってない。そんな中で、マクラーレン・オートモーティブは、2021年の12月にAries I Corporationと業務提携契を発表したInfiniteWorldとのメタバース分野における初のパートナーシップを提携した。InfiniteWorldは、ブランドが消費者のデジタル・コンテンツへの関心を創出、収益化、推進することを可能にする、最先端のメタバース・インフラストラクチャー・プラットフォームのことである。

このパートナーシップにより、さらに深く魅力的なデジタル体験を顧客に提供できるようになるそうだ。たとえば、オリジナルのNFT(非代替性トークン)や、マクラーレンのラグジュアリーなスーパーカーやハイパーカーを表現したデジタル・アート作品の創出や発行などがそれに当たる。

さらに一部のNFTには、購入者限定イベントへの参加など、特別な追加サービスも提供される可能性がある。一連のサービスは、マクラーレンのマーケットプレイスで利用できるようになる。要は、顧客とオンラインでより深くつながれるようになる、ってことかな?

また、新しいパートナーシップの一環として、InfiniteWorldの商標は、マクラーレン・オートモーティブのパートナー欄に記載されるようになった。

「メタバースへの参入に際して、 InfiniteWorld との提携は、デジタル界のWeb3(Web3.0)世代をめぐる、私たちの次の一歩です」

「お客様やファンの皆様からの需要が高まる中、マクラーレンのマーケットプレイスでさまざまなデジタル・コンテンツを創造し、ご提供していくために、この刺激的で新しいパートナーシップによって、InfiniteWorld の最先端の専門技術の活用が促されることでしょう。このたびのパートナーシップの目的は、限界を押し広げることと、ご提供するサービス内容を向上させることです。いずれも、マクラーレン・ブランドが手がけるあらゆることに共通した精神です」

ガレス・ダンズモア

マクラーレン・オートモーティブ CMO(チーフマーケティングオフィサー)

「InfiniteWorldは、マクラーレン・オートモーティブのメタバース分野の公式パートナーに選ばれたことを、喜ばしく思っています。私たちはWeb3(Web3.0)体験に向けた、業界最高級のテクノロジーやデザインを提供しています。InfiniteWorldはまもなく、マクラーレン・ユニバースのメンバーシップをさらに向上させるために、マクラーレンのお客様に、高性能でメンバー限定の、画期的なデジタル体験をご用意いたします」

「InfiniteWorldは、独自の先進的なNFTやメタバース・インフラストラクチャーを活かして、マクラーレン・オートモーティブの優れた魅力的な製品や体験をメタバースでご紹介することを楽しみにしています。InfiniteWorldは、NFTやブランド向けデジタル体験における、業界最先端の専門技術のおかげで、急速な発展拡大を続ける仮想空間で、マクラーレンの意欲的な目標を実現する役目を担うことができました」

ヨナサン・ラプチク

InfiniteWorld社 CEO

ピックアップ

アーカイブ