ボルボがスウェーデンで3年間、XC40と道路に埋め込まれた充電パッドを使用したワイヤレス充電の実証実験を行う

ボルボは、将来の電気自動車シリーズに導入したい新しいワイヤレス充電技術の試験を行っている。

スウェーデンで行われる3年間のテストには、電気自動車XC40の一団が参加している。タクシーとして走行し、モメンタムダイナミクスという会社が開発したステーションを使って充電を行うのだ。

ステーションは、道路に埋め込まれた充電パッドからエネルギーを送り、XC40の車内にある受信ユニットがそれを拾う。各パッドにうまく合わせるために、XC40には360度カメラが搭載され、パッドは40kW以上の充電が可能とのこと。

このテストでは、XC40を1日12時間以上使用し、年間10万kmの走行距離を記録することで、業務用EVの耐久性を検証している。

「ヨーテボリ・グリーンシティ・ゾーンでは、エキサイティングな新技術を実際の環境で試し、将来的に広く導入できるよう時間をかけて評価することができます」と、ボルボの研究開発責任者マッツ モバーグ氏は説明している。

「選ばれたパートナーと一緒に新しい充電技術をテストすることは、私たちの将来の車のための代替充電オプションを評価する良い方法です」と彼は付け加えた。

英国での展開を成功させるために、一石二鳥ってことで、国中の穴ぼこにワイヤレスパッドを貼り付けてはどうだろうか?充電は一晩で解決するじゃん。いいアイデアをありがとう!いえいえ、どういたしまして。

ガス屋の窓口

=海外の反応=
「小型バッテリーだけど、マクラーレンのスピードテールにはすでにワイヤレス充電が搭載されているのでは?電気自動車ですでに普通になっていないのはおかしいといつも思っている。ガレージにパッドを置いて、そこに駐車している間、何も考えず、何もせずに車を充電できるだろう」
↑「ワイヤレス充電は効率が悪く、無駄が多く、廃熱を大量に発生させる。携帯電話では、便利で充電電力が非常に小さいのでうまくいくけれど、それでも効率は40%程度だろう?20kWの電力でEVを充電していることを想像してみてほしい。その10%が廃熱になったとしても、2000Wだから、スペースヒーター並みだ。しかし、スペースヒーターと違って、これは充電器、特にバッテリーを温める悪い種類の熱。だから、プラスチックの内部やケーブル、クリップ、さらには車の一部を溶かしたいのでなければ、この電力レベルではワイヤレス充電を使用しないだろう。しかし、その場合、充電電力レベルが非常に低くなり、EVをフル充電するのに1週間も待つことになってしまう」
↑「私はあなたの言っていることの原則に同意するけれど、あなたの数字は少し悲観的だと思う。プラグインシステムでさえ、ACとDC間の変換損失により、96%程度の効率しか得られないかもしれない。自動車のワイヤレス充電の効率は、最大92%と言われているので、確かに損失は大きくなるけれど、これに対処するためのエンジニアリングソリューションがある。今回の実験では、おそらくこれらをテストすることになるだろう。しかし、私が考えている本当の問題は、それが可能かどうかではなく、少なくとも4%の電力が事実上捨てられていることに人々が満足するかどうかということ。例えば、ロボットが給油口のキャップを外して、車に座っている間にガソリンを入れてくれるガソリンスタンドを利用したいと思う人はいるのか?っていう」
↑「でも、悲観的にならざるを得ないよ。結局のところ、私はこれらのソリューションを設計し、シミュレーションし、空想家たちが夢見がちになっているのを現実のものとして考える人間なのかもしれない。
また、92%という数字は、どうやって達成するのだろうか。銅を詰めた何十キロもある巨大で重いパックを、バッテリーを充電するために極めて正確に位置決めして、人々が喜んでいじくり回すかどうか、私は疑問を持っている。充電された車が変身して、自ら充電器に近づいてくるような変人でない限り、うまくいくかもしれないよね。非効率を受け入れる人々について言えば、AppleがARMに切り替える前は、非効率でパワー不足で高価でも、人々はIntel搭載のMacbookを喜んで買っていた。ワイヤレス充電をクールでプレミアムな機能にすることは、後から考えたらそれが無駄であったとしても、アイデアを販売するために常に動き続けていくんだ」
「私の意見では、EV充電インフラは、利用可能なすべての駐車場がEVを充電できるように拡張されるべき。そうすれば、合計5(10)スポットしかない充電ステーションに並ぶ必要はなくなるけど、そうなると、コストがかかり、実現には長い年月がかかるだろう」

ピックアップ

アーカイブ