モーガンの新型スーパー 3は120psのフォード3気筒エンジンを搭載で、いくらになる?

一見するとそう見えないかもしれないが、新型のスーパー 3はファンタスティックなまでにモダンなモーガンである。2000年のエアロ 8以来となるクリーンシートのモーガンデザインであり、モーガン初のモノコック構造(新しいアルミニウム製プラットフォームを使用)、2気筒以上のインボードエンジンを搭載した3 ホイーラーの戦略における急進的転換点でもあるのだ。

そのエンジンについては、また後日ご紹介しようと思う。まず、その外観をご覧あれ。モーガンらしいレトロなデザインだが、マルバーンに本社を置く同社によれば、今回はジェット時代の影響を受けているという。どおりで、超流線型だもんね?さらに、真正面から見ると、サイドに取り付けられた冷却パック(モーガンはこれを見事にサイドブレードと呼んでいる)は、まるで現代のF-35 ライトニングからそのまま出てきたかのようだ。前方にはラジエーターが設置され、前輪を越えて後方に伸び、パニア、荷物ラック、グラフィックで装飾される。

フロントにはVツインエンジンはなく、丸いヘッドランプ、特徴的なホースシューフロントグリル、そしてハートランドストラットと呼ばれるアルミ鋳造構造に取り付けられたプルロッドサスペンションで構成されている(この名前は設計したモーガンのエンジニアにちなんでいる)。これは健全な進化だ。

フロントホイールはモーガンがデザインしたエアロ仕様で、サイドウォールがバルーン状になった特注のエイボン スピードマスタータイヤを装着している。サスペンションのウィッシュボーンは可能な限り長くして安定性を高め、先代3 ホイーラーと同様に前輪の内側を閉じて空力性能と洗練性を向上させている。

後方では、カットオフされたエキゾーストがアルミ製のボディワークの中に収められ、ベルトラインはコックピットのすぐそばを走っている。そして、モノコックの両サイドを固定し、リアライト、ナンバープレートマウントのベース、リアホイールの「圧力開放用ベント」を隠している。ちなみに、このリアホイールには、モーガンが「最適なスリップアングルを提供する」と断言するエイボンのオールシーズンタイヤが装着されている。

ところで、エンジンについてもっと知りたいと思わない?うんうん、そうだよね。フォードが供給する1.5リッター自然吸気3気筒エンジンは、最高出力120ps、最大トルク149Nmを発生する。モーガンは、0-100km/h加速約7.0秒、最高速度209km/hを見込んでいる。このスピードで実際に走行してみれば、十分な速さのトップエンドであることに同意していただけると思う。モーガンは1930年代から40年代にかけて、三輪車にフォードのエンジンを使っていたのだから、そこにはいくらかの伝統があるのだ。さらに、旧3 ホイーラーの83ps S&S2気筒バイク用エンジンを捨てたことで、モーガンは110kgの重量増にもかかわらず、この新しい三本脚で14.1km/Lの燃費を主張している。心配症な人のために - それでも635kgしかないし、驚くべきことに2016年に提案されたEV3は0.5トンしかなかった。

とにかく、3気筒がそこに入っているし、それが現行車と同じショートストロークの5速マツダ ロードスターのギアボックスに接続されていることは喜ばしいこと。モーガンによれば、クラッチは重みがあって行程が短く、「ペダルの間隔に特別な注意を払ったので、ヒール&トゥのギアチェンジが簡単にできる」のだという。素敵だね。

インテリアはモーガンにしては派手で、フルデジタルの文字盤(同社初と聞いても驚かないだろう)、USBソケット、さらにはバイク用ナビのスペシャリスト、ビーラインが開発したナビゲーションシステムもオプションで用意されている。

シートはビニール、耐水レザー、サドルレザー、新しいテクニカルファブリックから選択可能だ。また、ダッシュボード下にはサイドブレードと同じユニバーサルフィックスがあり、カップホルダーやQuad Lockフォンマウントを設置することができる。ラグジュアリーって感じ。さらに、トランク、シート下のロック可能な収納、オプションのレインカバー、ハード/ソフトパニアの豊富なオプションも用意されている。ほら、実用的だろう?

それから、もしあなたが長距離を走るつもりなら、乱気流を軽減するための大きなウィンドディフレクター(モーガンはウィンドスクリーンと呼んでいないことに注意して)を付けることができる。小型のディフレクターなら、クリアかイエローティントで指定可能だ。

モーガンは、スーパー 3はカスタマイズの宝庫であり、発売当初から200種類以上のオプションやアクセサリーが用意され、さらに大量のカラーリングやグラフィックが用意されていると考えている。上の写真は、アドベンチャー・ツーリング、コンテンポラリー・デザイン、クラシック・モータースポーツという3つのテーマで作られたものである。

そして最後に、重要な問題である価格について。モーガンによれば、スーパー 3は乗り出しで41,995ポンド(648万円)からになるという。高そうだが、先代のランアウト スペシャル P101は、英国で55,000ポンド(850万円)をわずかに下回る価格だった。

それではみなさん、スーパー 3の感想を下のコメント欄で聞かせてね…。

民間医局
=海外の反応=
「先代MTWのオーナーは、今、2気筒のクルマに抱いている価値に手をこまねいていることだろう。決して現代的なクルマではないだけに、デジタルメーターや隠された排気、3気筒エンジンを搭載したモーガンの足元にも及ばないのが悲しいところか。S&SのVツインが排ガス規制のために廃止されたのは知っているが、フォードの3気筒はベストな選択だったのだろうか?トライアンフ3気筒のモーターサイクルを愛する者としては、このようなマシンに3気筒はふさわしくない。だから、モーガンには似つかわしくない音だろうと予想している。
フロントエンドは、フィン付きのシリンダーヘッドを見せびらかさないと、モーガンはどうしたらいいかわからなかったみたいだ。数ヶ月間、この問題に頭を悩ませながらも、出荷の時期が来るまで「また来るよ」と言い続け、最後の最後に写真にあるようなものをホイホイと作ってしまったのだろう。あと、110kgっていう重量増?これがゴルフなら顕著だね。現行モデルより21%も増えているんだよ。頼むよ、モーガン!」
「STエンジンが合うかどうか疑問(笑」
「ぜひ、このような車でツーリングホリデーを過ごしてみたい」
「うわー、今までモーガンが欲しいと思ったことはなかったけど、これは本当に素晴らしい。レトロなアイデアと現代的なタッチが絶妙にミックスされていて、カッコいいね。この車は今、私の妄想の3台用ガレージに入るために、アリエル ノマドと争っているところなんだ」
「これぞモータースポーツの醍醐味、大好き」
「なぜフロントエンドのデザインにこだわらないのだろう?まるで余ったパーツが飛び出しているようにしか見えない。特徴的な蹄鉄型フロントグリルの形跡が見えないよ」
↑「1:この会社とその顧客は、シンプルなデザインに興味がある。これだけだ。これは、可能な限り空力的であることが前提。この2つの欲求から生まれたのが、これだ。
2:画像9を見ると、現代のブガッティというより、馬蹄のようなものが見える」
「これは見た目も音もすごいだろうね。モーガンの伝統とデザインに忠実でありながら、これほどまでにアップデートしたことを高く評価している。このような小型のものであっても、その魅力に忠実でありながら、現代の期待に応え、クリーンな車両を作るというのは、大変な偉業だと思うよ。
でも、アナログ操作にこだわってほしかったし、そうでないことに純粋に驚いている。彼らは明らかに顧客が何を望んでいるかをわかっている。しかし、彼らがデジタル制御を望んでいたことに、私は本当に驚いている。
とはいえ、見た目はゴージャスで、運転したらどんなに素晴らしいか想像もつかない」
↑「ブリティッシュレーシンググリーンのをお願い」
「600kg?そんなデブに!」
↑「アメリカにはもっと巨漢が食事ができるレストランがある。一人で食べるのでなければ、びっくりの量のところがいっぱい」
「奇妙なことに、これらの製品に値段はほとんど関係ない。これは、購入者の唯一無二の車には決してならない。人生で一台買える幸運な数人のための、贅沢でかなりオーダーメイドに近いオブジェなのだ」
↑「その通り。もし、マツダ3のエントリーモデルで、希望小売価格がこれほど高いのであれば、それは一つの問題だろう。けど、これは純粋におもちゃであり、それ以上でも以下でもない。正直言って、毎日の運転としてこれを買う人は、それが引き起こすどんな困難にも耐えぬける。それに、これは彼らがその日に下す最悪の決断にさえならないだろう。確かに、遊んでみたいおもちゃではあるが、おもちゃであることに変わりはない」
「すごい ずっと待ってたんだ。モーガン スーパー 3は、規制による変更にもかかわらず、そのスタイルを維持している。新しいスリーウィーラーの魂と精神が残っているのだ。そう。モーガンは、何も変えずにすべてを変えたのだ。まだ、発見がたくさんある。イタリアの法律では、スーパー 3はオートバイとみなされると思うんだけど、ヘルメットの着用が義務づけられるということ。トップギアの皆さん、スーパー 3を実走行でテストできる日をできるだけ早く教えてほしい。楽しみに待っている。モーガン モーター カンパニーに幸あれ!もう少し価格が下がるといいんだけど」
↑「'モーガンは何も変えないために全てを変えた'この通り、こんな生産台数が少ないメーカーができることが、拍手喝采だ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/02/45704/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ