2024年、水素燃料電池シリーズのエクストリーム Hがエクストリーム Eに追加、あるいは差し替えかも?

エクストリーム Eのボス、アレハンドロ アガグは、550bhpのオフロードレーサー、オデッセイ 21の水素エンジンバージョンの計画を発表し、2024年にエクストリーム H選手権を開始する予定であることを明らかにした。

「エクストリーム Eは、モビリティのイノベーションとソリューションのテストベッドとして設計されました」とアガグ。「水素レースシリーズを創設することは、気候問題との戦いの中で新技術の可能性を示すという我々のミッションの自然な進化であることが、ますます明らかになってきました」

現在のエクストリーム Eレーシングカーのバッテリーの代わりに水素燃料電池を搭載し、電気モーターを駆動するためにグリーン水素(太陽光と水の組み合わせで作られる)を供給することになる。

パワートレインの変更により、オデッセイ 21は現在のBEVの限界である20分以上の走行が可能になるはずだが、チャンピオンシップがどのように行われるかはまだ決まっていない。

アガグはこう語る。「現在のエクストリーム Eチームと一緒に、水素で走るクルマを週末のレースに組み込むための最良の方法を、今後数ヶ月の間に決定します。2つの独立したカテゴリー、水素への完全移行、合同レースなど、すべてのオプションが検討されています」

エクストリーム Hの開発はすでに始まっているようで、プロトタイプは2023年初頭に発表される予定だ。ネットの皆さん、いかがでしょう?
【アートネイチャー】メンズ(マープ/MRP)
=海外の反応=
「水素燃料電池は安定した電力を出すのに適しているけど、電気モーターを直接動かすにはピークパワーや応答速度が足りないので、まずバッテリーを充電しなければならないという印象がある。ピークパワーで走る時間が長いことを考えると、レーシングカーに燃料電池を搭載するのは面白いかもしれない。大きなバッテリーが必要なのか、それとも複数の燃料電池で電力をまかなうのか、気になるところ」
「このような実験的な激しいレースで、次の改善のために何が良いかを学ぶための情報がたくさん取れるといいんだが…」

ピックアップ

アーカイブ