マツダ2 バイオ コンセプトで2022年スーパー耐久シリーズに参戦

マツダは、スーパー耐久シリーズに参戦する新型レーシングカーを公開した。マツダ2バイオコンセプト」は、バイオディーゼルを燃料として走行する。

バイオディーゼルを燃料とする「マツダ2 バイオ コンセプト(Bio concept)」は、従来のバイオディーゼルではなく、100%バイオマス由来の次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を使用したディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載している。昨年11月にデビューした「2」のスカイアクティブ-Dのディーゼルには、微細藻類の油脂と廃食油から作られた100%バイオベースの燃料が使用される予定である。え、何?唐突にのりしおポテトチップが食べたくなったって?

これはマツダの戦略の一部であり、「気候ニュートラルに到達するため、また個々のモビリティのニーズに合わせて、利用可能なすべてのソリューションを考慮する」ものである。ハイブリッド、ディーゼル、EV、PHEVの開発と並行して、マツダは再生可能燃料の普及も目指している。

このバイオコンセプトは、同じくスカイアクティブ-Gのガソリンエンジンを搭載したロードスターという、よりオーソドックスなレーシングカーと一緒に投入される予定だ。こちらでは、マツダがサポートする参加型モータースポーツ出身ドライバーにステップアップの機会を提供。マツダ社内外のエンジニアやメカニックがチームを組み、「ST-5」クラスに第3戦スポーツランド SUGOから参戦する。

重機一括査定王
=海外の反応=
「マツダは犯罪的なまでに過小評価されている」
↑「スズキの方が過小評価されているような気がするけど」

ピックアップ

アーカイブ