ピレリの新製品サマータイヤ、POWERGYは優れたウェットグリップ性能と低騒音化が魅力

ピレリジャパンから、新製品POWERGYを2022年3月より順次販売開始する。このタイヤは、安全性とサステナビリティにフォーカスしており、ドライバーと環境の両方にとっての利点となり得るのが特徴だ。POWERGYは、最近のクロスオーバー、セダン、ミニバンに向けたアフターマーケット用タイヤで、ピレリ最新のバーチャルシミュレーション技術を使用して開発された。ラインナップは、15-21インチサイズ、スピードレンジH-Yの、全51サイズだ。価格はオープン。

ピレリの新しいPOWERGYは、日本自動車タイヤ協会(JATMA)のウェットグリップ指標でラベリングa/bが示すように、優れたウェットグリップ性能を有しているため、ドライバーは、悪天候時でも安心感の高い走りを楽しめる。特に環境やサステナビリティにも配慮しており、JATMAの転がり抵抗のラベリングAA/Aにより、車の燃費を低減し、排気ガスも削減することができ、さらに低騒音化も実現している。

POWERGYの開発にあたっては、性能目標を達成するために、ピレリで最も進化したバーチャルリアリティシステムが採用された。この新しい開発プロセスにより、トレッドパターン及びプロファイルの適正化が可能となり、最適な接地形状を実現したのである。この接地形状はバランスが良く、接地圧分布は均一で、ブレーキの制動距離が短く、車のコントロール性や操舵時の正確性を向上させている。ウェットブレーキ性能や摩耗性能は、特殊なポリマーを使用したコンパウンドを採用することにより改善された。周方向の溝と、それにつながる横溝を配置したパターンの設計が、排水性を高め、ハイドロプレーニング現象の発生を防ぎ、ウェット性能と安全性を向上さている。これらのことは、イタリア・ミラノにあるピレリR&Dセンターでの静的なシミュレーション解析と、新製品の性能検証の場となるトラックテストによる成果だ。バーチャルシミュレーションを採用した開発方法によって、Covid-19による制限で困難が生じた中でも、全体の開発期間はかなり短縮され、わずか18ヶ月で開発を完了させることができた。また、タイヤのプロトタイプの物理的な数量を削減することで、環境にも配慮したタイヤ開発を実現した。

https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/catalogue/product/powergy

ピックアップ

アーカイブ