アルファ ロメオがホットなトナーレ クアドリフォリオ SUVを開発中

アルファ ロメオは、ホットな四輪駆動のトナーレ クアドリフォリオの構想を練っている。おそらく絶え間ない努力の積み重ねがあったのだろう、BMW X2 M35iとメルセデスAMG GLA35または45などと同等な価格を見たらね。

アルファ ロメオのジャン=フィリップ アンパラトCEOは私たちに語った。「トナーレのクアドリフォリオバージョンに取り組んでいますが、我々はパフォーマンスの最高レベルを得ることができない限り、緑のボタンを押すことはありません」

彼は、その性能のレベルが具体的にどのようなものであるべきかを明言しなかった。そこで、推測してみよう。私たちは350馬力以上だと考えている。

なにしろトナーレの発表会では、250bhpを上回るバージョンが2つあったのだから。ヨーロッパでは、フロントに1.3ターボ、後部に電気駆動を採用したプラグインハイブリッドが275bhpを発揮するという。

一方、アメリカでは2.0ターボガソリンで9速オートマチックと機械式4輪駆動を採用したトナーレがある。

これは、プラットフォームがその駆動方式を採用できることと、エンジンルームが2.0リッターに十分な大きさであることを示している。だったら、350bhpを可能にするはず。まあ、ここではあくまで推測に過ぎないけれど。

それでも、アルファがこの手の方法を手掛けたことがないわけじゃない。ステルヴィオ クアドリフォリオは、最高の走りをする高速SUVのひとつだ。V6を搭載しているだけでなく、超敏感で魅力的なシャシーを備えている。

アンパラトは、クアドリフォリオの伝統を、電気自動車の時代にも継承していきたいと考えている。彼は、新しいEVラインアップのピーク時には、ホットバージョンを出すことを話していた。「適切なパフォーマンスとハンドリングを得ることができれば、クアドリフォリオの庇護は維持されるのです」クプラ フォルメンターのデザイナー、アレハンドロ メソネロ=ロマノスが手がけるこの新ラインは、2025年に本格的に始動する。

つまり、アルファはクアドリフォリオの名を、手抜きの温故知新で貶めるようなことはしない、という約束なのだ。アルファはいつだって、フルヒートのアッチッチ状態でなければならないのである。

ホイール
=海外の反応=
「新型ジープ グランドチェロキー 4xe プラグインハイブリッドのドライブトレインを使用することも可能で、375hp & 637Nmを発揮する」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/02/44783/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ