なんか、エロいわ、コレ。マセラティ MC20 フォーリセリエ エディション フォー デイビッド・ ベッカムはマイアミインスパイア系

なんか、エロいわ、コレ。もちろん、デビッド・ベッカムのためにデザインされたマセラティだから、カッコいい。ベッカムのMC20フオリセリエエディションは、「魔法の街マイアミへのラブレター」と称される。

フオリセリエとは、マセラティ独自のカスタマイズプログラムで、ベッカムはV6エンジン搭載のMC20スーパーカーをアフターアワー仕様にすることにした。マイアミを拠点とするサッカーチームのカラーであるブラックとピンクを採用し、光沢とマットの表面で互いを微妙に引き立たせている。ほら、デビッド・ベッカム用のMC20だ。さあ、流れに身を任せていこう。

ボディはグロスブラックで、グリルとCピラーには不透明なブラックのトライデントロゴ、背面には不透明なメーザーロゴが配されている。MC20のドアバッジはピンク、ブレンボ製ブレーキキャリパーもピンクで、これは素晴らしい演出だ。

レザーとアルカンターラのインテリアもブラックだが、ピンクのコントラストステッチが施され、センタートンネルにはイタリック体のピンクでパーソナルなネームプレートが施されている。「For David」。そりゃ、当然だ。

ベッカムは、次のようにコメントしている。「私はもともと車の熱狂的な愛好家でした。今回フォーリセリエのカスタマイズ プログラムで MC20 のデザインと製作に参加できたことは、素晴らしい経験でした。 車は、モデルや色、車内の小さな個人的なディテールなど、個々のテイストが反映されるものだと思います。私の第二の故郷であるマイアミと、そこにある私のサッカークラブにインスパイアされたこのワンオフカーを、マセラティチームやデザイナーと協力して作ることができたのは胸が高鳴る体験でした。ハンドルを握るのがとてつもない喜びになります」

=海外の反応=
「彼が以前プロデュースしたウイスキーと同じで、味気ない」
「ヒョウ柄のシートカバーやまつ毛、ふわふわのホイールカバーで貧相にラッピングされたスマートカーではないってことから言えば、ピンクは適切な車によく似合う色だ。これは当たり障りのない色だが、この色を受け入れていないという人もいるかもしれない。リース仕様で工場から引き取り、その日のうちにこんな感じに仕上げることも可能だ。ポルシェのフローズン・ベリーにブラックのアクセント、そしてダークレッドのインテリアを合わせたら、さぞかし美しかったことだろう。派手だと思う人も多いだろうが、楽しみがないよりはマシ」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42759/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ