リシャール・ミル新作のラファエル ナダルモデルは自動車のドライブモード切り替えのようなバタフライローター搭載

リシャール・ミルのラファエル・ナダルコレクションで4作目のタイムピースであるRM 35-03 オートマティック ラファエル・ナダルが発表された。RM 35-03は、ホワイトクオーツTPT®製ミドルケースとブルークオーツTPT®ベゼルを備えたモデルと、カーボンTPT®製ミドルケースとホワイトクオーツTPT®×カーボンTPT®のベゼルを備えたモデルの2つのバージョンで展開される。ラファエル・ナダルがテニスコートで着用しているRM 027 コレクションのトゥールビヨンウォッチにインスパイアされ誕生したRM 035コレクションは、「バタフライローター」と名付けられた特許取得済みのイノベーションを搭載している。予定価格は2,750万円。

「私たちはそれぞれの分野において、最高のものを求め日々努力しています。リシャールと私は、お互いに分かり合える仲間。二人とも仕事に情熱をもって取り組んでいます。この情熱の炎を絶やさず日々精進することは、私にとって必要不可欠なことです。プレーでRM 035モデルの着用はしていませんが、彼とチームの信頼を得てこの類まれなる冒険に参加させてもらえていると思うと、胸が熱くなります」と、ラファエル・ナダルは話している。

今回、最も注目されるのが「バタフライローター」だ。さなぎから羽化した蝶が羽を広げるかのように、リシャール・ミルは3年にも及ぶ開発期間を経て、RM 35-03のムーブメントに新しい巻き上げシステムを採用した。RM 35-02のキャリバーRMAL1には、リシャール・ミルの自動巻きムーブメント特有のパーツである可変慣性モーメントローターがすでに搭載されていたが、新しいバタフライローターを備えるRM 35-03では、ユーザー自身でローターの慣性を変えることができるため、ライフスタイルや活動レベルに合わせてムーブメントの巻き上げをコントロールすることができる。

「以前はローターの慣性を変更するには、ライセンスを受けた時計職人が行わなければなりませんでした。私はこのシステムを完成させ、時計の巻き上げをユーザーに直接操作してもらいたかったのです。」と、ムーブメントテクニカルディレクターのサルヴァドール・アルボナが説明している。「車に例えると、街中からレーストラックまで、走る場所や状況に応じて車のドライブモードを切り替える様なものです」なるほど。

https://www.richardmille.com/ja

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42378/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ