フォーミュラ1:ハミルトンがアブダビの戦いでフェルスタッペンを制す

初開催となったサウジアラビアGPで、エステバン オコンは、メルセデスAMGのバルテリ ボッタスに追い抜かれて、惜しくも表彰台を逃した。これには胸が熱くなったね。

で、別のシーンじゃ、チャンピオンシップのライバルであるルイス ハミルトンとマックス フェルスタッペンが、リラックスして落ち着きながら、そんなに重要ではないレースを行っていた。つまり、二人ともお互いに無理をして、自分たちでフォーミュラ(いつもの型)を作ってしまったということだ。

このようにして、21回の戦いを経て、ルイス ハミルトンとマックス フェルスタッペンは、アブダビで最後の鐘を聞く。アクション満載のサウジアラビアGPでハミルトンが優勝したことで、来週は勝敗の行方が気になるバトルロワイヤルとなった。

最終戦でチャンピオンが決まるのは30回目だそうだが、ハミルトンはこれまでのキャリアを通じて、369.5ポイントの同点で並んでいる。フェルスタッペンは1勝しているので、わずかに有利な状態で次の週末を迎えることになる。

「今までで一番クレイジーなレースだったと思うよ!」ルイスのレースエンジニアであるピート ボニントンは、レース直後にこのように語っている。そして、ボノはそれを的確に表現した。バトル中の2人の間で振り子が何度も揺れ動き、彼らが目まいを起こさなかったのが不思議なくらいだ。

ポールポジションを獲得したハミルトンはきれいに逃げ切ったが、ミック シューマッハがハースを壁にぶつけてセーフティーカーが導入されたことで、フェルスタッペンに逆転されてしまった。その結果、メルセデスは2台のマシンをピットインさせたが、レッドブルはピットアウトせず、フェルスタッペンに決定的なトラックアドバンテージを与えてしまった。

その後、レースは赤旗中断となり、レッドブルはフェルスタッペンのミディアムタイヤをハードタイヤに交換した。しかし、再スタート時には、2番手のハミルトンがより良いスタートを切り、前に出てコーナーに進入。この時、フェルスタッペンにコース外で抜かれてしまった。その後、再びクラッシュが発生し、レースは再び赤旗中断となる。そして、フェルスタッペンがどこからスタートすべきかという議論になった。フェルスタッペンは、ハミルトンとオコンに続く3番手スタート。そして、再スタート時に2人をパスした。

フーッ。そして、その後。そして、その後。ハミルトンはフェルスタッペンを追いかけ、両者はコースを外れ、フェルスタッペンはハミルトンにトップを譲るために減速を命じられた後、両者はクラッシュ。ハミルトンはその後、ルイスをかわし、ルイスは走り去った後、一度も振り返ることなく勝利を手にした。

レース後のインタビューで目に見えて疲れていたハミルトンは、デビッド クルサードに次のように語った。「長い間レースをしてきたが、信じられないほどタフだった。自分の経験を生かして、できるだけ賢明に、そしてタフに、ただマシンをコース上にとどめ、クリーンな状態を保つように努めたよ」

「難しかったね。いろいろなことがあったけど、みんなを誇りに思う」と語った。「このコースは驚異的で、肉体的にも精神的にも非常に難しいが、他に逃げる方法なんてないだろう」と付け加えた。

フェルスタッペンはこう語った。「かなり波乱万丈でしたね。いろいろなことが起きて、自分でも納得できないこともあったけど、それが現実なんだ。僕は全力を尽くそうとしたけど、タイヤが持たなかったようだ。最後には少しゴムが持たなくなってしまったけど、それでも2位だ」

コメントを書き込む前に-あの怪物のようなレースの後にはコメントを書きたくなるだろうから-かわいそうなエステバンのことを考えてみてね。

=海外の反応=
「あのコースは馬鹿げている。スパが安全性の頂点のように見えたもの。また、審判の質についても、レッドブルにオファーを出すなんて、おかしな話だ。また、マックスのドライビング・スタンダードはひどく、まったく弁解の余地がない」
↑「ルールを読んでください。位置を戻しても全く問題ない」
「貧弱なコースとマッドマックス、もしも44番以外の選手だったら、何か重大なことが起こっていただろう。路面の限界はマックスにとってのガイドラインであり、彼が最短の道を歩けるのであれば、なぜそうしないのか!?」
「すばらしい新コースは、F1カレンダーの中で2番目に速く、2番目に長い。全くジェットコースターのようなハプニングと、馬鹿げたペナルティなどの全くのレース運営の茶番劇。そして、すべてはシーズン最終戦にかかっている。FIA、スポンサー、メディアはそれを強く望んでいたが、彼らはそれを手に入れた」
「こんなの、茶番劇だよ。管理の甘さ、運転基準の甘さ、軌道の甘さ、コミュニケーションの甘さ、解説の甘さ(途切れ途切れになったり、「聞こえていますか?」ってね)。リバティ・メディアはアラブの甘い甘い金のためにこの作品を絶対に失敗させたんだ」
「フェルスタッペンは、少しだけ良いレーサー。ハミルトンは少しだけ良い車に乗っていた。ゴミのようなサーキットで」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2021/12/42270/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ