ポールスター 5が2024年の市販化に向けて発進 タイカンやe-tron GTのライバルになりそう

昨年、私たちはポールスター プリセプトに魅了された。ポルシェ タイカンやアウディe-tron GTを視野に入れた電気自動車のサルーンカーで、スマートな外観をしていたのだから。ただ、実際に買えるものではなかった。

しかし、ポールスター 5は買えるものになるだろう。これは、プリセプトが将来的に実現するであろう車の最初の一瞥であり、バッテリー、モーター、テクノロジーを今のところ未決定の量で展開する、洗練されたファストバックのEVだ。そう、私たちはまだ多くを知らされていない。また、車の他の角度からの情報もない。

「プリセプトは、ポールスターの未来を予告するために開発され、デザイン、サステナビリティ、テクノロジー、パフォーマンスというポールスターの重要な柱を具現化しています。2022年に発売される予定のポールスター 3には、そのデザインのヒントがすでに見られます」とのことだった。

ポールスター 5は2024年に登場するようだ。リサイクル素材をふんだんに使用したインテリアが登場する。そして、窓も間違いなく搭載されるだろう。

楽しみ?e-tronよりこっちの方がいいかな?

=海外の反応=
「まあ、アウディじゃなくてこれを持っていたら、フェイスリフトされたアウディって感じにになるんじゃないかな?2024年は先の未来だから…」
「テスラのスタイリングがクソだということを人々に思い出させてくれる人がいるのは、いつも素晴らしいことだと思う」
「とてもきれいなシルエットだね。デザインがうまくいけば、ボルボの素晴らしいインテリアと相まって、魅力的なモデルになるだろう」
↑「私はこのスタイルが2022年のポールスター3(EVのSUVになる予定)よりも好きだ…。ポールスター 1のハイブリッドを除けば、2と5は今のところ最高の外観を持つ電気自動車だと思う」
「気に入った。ただ、ポールスターの目的は何なのか気になる。特に、ボルボをそのままバッジチェンジしたようには見えなくなっている」
↑「話せば長いのだが、簡単に言うと 中国のジーリーは、ロータスとボルボを手に入れる前は、本当に中国のくだらないブランドだったが、2010年に手に入れたリンク&コーは、ヨーロッパ市場に参入したいと考え、まずBTCCでシアン レースカーをテストし、それが成功した後、ロータスを買収し、スウェーデンのポールスターとボルボのブランドに投資した。これは、自社製品で再挑戦するのではなく、非常に賢明な行動だったと思う。なぜなら、彼らはあらゆる種類のノウハウを手に入れ、異なる市場のニーズに再適応することができるからだ」
↑「同じ価格帯、同じ市場など、EVになってからのボルボとのブランドとしての違いは何だろうか?ポールスターが低価格帯のジーリーブランドそのものの新名称ならば理解できるのだが、そうではない」
↑「間違っているかもしれないけど、トヨタやレクサスと同じようなものではないだろうか?基本的にポールスターは、電気自動車に特化したボルボの「ハイエンド・ブランド」だ」
「とてもきれいだが、アウトラインのシルエットが他社と同じだと思うのは僕だけ?」
「きちんと設計・製造された自動車だ。ボルボはいつもそう。素敵なデザインだよね。タイカン/EQSなどの真のライバルが登場したと言っていい。以下の理由でモデル Sではないけれど…。
テスラとしては、これには勝てない。イーロンはTwitterでテスラの株や暗号資産の保有者をからかうのをやめれば、高品質な自動車の製造について何か学べるかもしれない。つまり、テスラにはさまざまな品質問題があり、Apple CarPlayやAndroid Autoとの統合もなく、今度はUSBポートもない。それに、デザインも醜い。実際に彼らから車を購入する人がいることに困惑している。
話がそれてしまったけど、よくやった、ボルボ。知っているメーカーがこのような車を作り始めると、テスラがいかに無能であるかということがわかる」
「A7のような美しい横顔だね。後方視界が悪くなりそうなリアウィンドウが少し気になる」
↑「中央のディスプレイとリアカメラは問題ないが、ドライバーにとっては、ダッシュスクリーンを見るのを避け、顔を向けて車内の後方を見たいと思うなら、リアビューが少し暗くなるだけだろう」
「大衆向けの車ではない。さらに、中国製の車に20%の関税をかけることになれば、彼らとテスラは大打撃を受けるだろう」
「今年のグッドウッドで見たプリセプトはとても素晴らしかった。ポールスターでエステートを作ってほしい」
「めちゃくちゃかっこいいんだが」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS