【トップギア 日本語字幕】トップギア スピードウィーク 2021:合計9.3億円、12,440hpの26台の猛者にクリス ハリスも参戦

トップギアの2021年スピードウィークにようこそ!4つの車輪で走る、速くて、楽しくて、ちょっと奇妙なものを集めた年に一度のスーパーテストだ。今年、誰よりも私たちを笑顔にしてくれるのはどのクルマだろうか?それを知る時が来たのである。

楽しさと速さの世界は、最近ではホットハッチやスーパーカーだけではない。今年の作品は多種多様で、少しばかりクレイジーなものになっている。1,000bhpのハイブリッドフェラーリが、超シリアスなポルシェ 911 GT3と並んでいる。お金で買える最も軽いスポーツカー、ケータハムの170Rは、ラリーレイドのダカール モンスターや1950年代のF1カーに扮したマツダ ロードスターと戦う。

マッスルカー、スーパーサルーン、物議を醸すEVコンバージョン、そしてそれらすべてに警戒心を抱くモノ。そう、それらを警戒しているのがスティグだ。彼は、大雨が降ってきたときにレーススーツの表面が少し濡れてしまったことに、まだ少し動揺しているようだ。…おっと。

トップギア・ジャパン045紙の雑誌発売日は、2021年11月30日。全国の書店やアマゾンでどうぞ。

=海外の反応=
「あのゼンボのリアウイングは精神的に参っちゃう」
↑「サーキットでどのくらいのタイムが出るのか知りたいね」
「皆さん、スコアボードの再設定をお願いします。はい、GT3Xは手に入れにくすぎるせいで資格がないと思う🤦♂️。ダンスフォールド周辺のあらゆる乗り物で行われたスティグの最速ラップを記録してほしい。みんなの投票と発言のチャンス到来」

ピックアップ

アーカイブ