ノルウェー、内燃機関にサヨナラ?2022年4月に最後のガソリン車を販売という予測まで出る

次の車がガソリン車になる可能性はどのくらいだろうか?もしあなたの答えが「0%に決まっている」以外のものであれば、あなたがノルウェー人ではないことは、ほぼ確実に予測できる。私たちもノルウェー人ではないので、これは毎日抱えている重荷だ。おっと、話がそれてしまった。

ノルウェー政府はすでに、2025年に内燃機関の自動車を廃止することを義務づけていたが、購入者はその目標をも上回るようで、ノルウェーで販売される最後のガソリン車は、早ければ2022年4月になると予測されている。

この数字を知っている人にとっては驚きではない。ノルウェー自動車連盟は、ガソリン車とディーゼル車の販売台数の減少を、2017年1月に恐竜のいる古代のような化石燃料車が4台に1台の割合で販売されていたが、現在では10台に1台にまで減少していることを追跡している。このトレンドラインに従えば、ノルウェーは2022年4月までに化石燃料を使用した新車を販売を終了させるということになる。

ノルウェーでは、新車販売台数の90%が電動化されており、わずか半年の間に100%が電動化された。手厚い優遇措置がこの傾向に拍車をかけていることは間違いないけれど、それにしても世界的に見ても驚異的な数字だ。ノルウェーでは25%の付加価値税が免除されているほか、駐車場やフェリー、有料道路の料金が半額になる。また、国内には数多くの急速充電スタンドが設置されている。

もちろん、このような大盤振る舞いがノルウェーの石油・ガスの輸出によって支えられているという、環境面での小さな難点はある。しかし、石油やガスの収入が他のほとんどの国で何に使われているかを考えてみてほしい。事実、世界全体では、a)化石燃料からの移行、b)化石燃料を使い続けるための徹底抗戦、c)どちらにしてもあまり経済的に余裕がない、という状況だ。ノルウェーは、現在必要とされている石油やガスを供給し、その利益で化石燃料からの移行を進めている。これは、現在の現実を利用して将来の現実を改善しようとする、環境上の現実的な政治である。そして、私たちがノルウェー人として生きていきたいと願うもうひとつの理由でもある。ノルウェーからトップギアのサイトを見ている皆さん、そんなチャンスはありませんか?

=海外の反応=
「ノルウェーは偽善者の国だ。電気自動車など、とてもうまくやったね。しかし、ノルウェーは2020年に約9200万トンの石油を生産し、前年比で約17%増加…。よくやった、世界はまだ汚染されている、世界の警告はグローバルだ、って思ってるんだろう」
「これは絶対に間違っている。多くのノルウェー人がこのような象徴的な政治に反対している。ところで、私はノルウェー人だが、冬になると有効エネルギーが半分になってしまうような車輪付きの懐中電灯は絶対に買わない。私だけじゃない。最近の選挙でそのことが如実に示された。電気自動車は大都市でのみ販売されている。税金が全くかからず、駐車場が無料で、タクシーレーンを走ることができるなど、人工的なメリットがあるからだ。最近の調査では、これらの特別な優遇措置がなくなったら(その際には)、これらの「自動車」はまったく売れなくなるという結果が出ている。問題は、私たちが選んだ代表者が、ブリュッセルで重要な政治家の間で劣等感を抱いていることだ」
「いくつかの点について説明しよう。A:実際には、まだ2025年の禁止事項は導入されていない。これは幸運なことに、明確化ポイントBのためだ。2022年にICE車の販売台数がゼロになるわけではない。なぜなら、実現可能なEVの選択肢がほとんど、あるいはまったくない車両セグメントがたくさんあるから。ノルウェーではピックアップが人気だが、現在のところEVピックアップを購入できる車はない。電気バンは、牽引力、積載量、航続距離の点でほとんど問題がなく、現在販売されている電気バンで牽引できるのは2000kgが限界だ。ノルウェーには100万台以上のトレーラーがあり、その多くが3500kgもの重量があるのに、これは問題である。EVは荷物を牽引するのが非常に苦手で、私たちはこれを多用しているのだから。また、北部では人々が非常に離れた場所に住んでいて、充電インフラが整備されていない地域もあり、EVは非常に実用的ではない。また、EVを嫌う人の中には、純粋に悔し紛れに内燃機関の車を使い続ける人もたくさんいる。しかし、私は違います。ちょうどシュコダ Enyaqを注文したところです。もちろん、トレーラーヒッチ付きで」
「ノルウェーは、人がいない。人が少なくて素敵な場所、パラダイスだ」
「ここでのノルウェーの決断を非常に尊重している。1国が電動化、残り192カ国も続け!」
「模範となるべきものだと思う。空気の質も良くなり、ガンなどの病気も減り、騒音も減って、より平和で静かになる。地球全体がその恩恵を受けているのだ。世界の他の国々はこれを手本にすべき。スイスの遅れは悲しいものがあるね」
「100%電気自動車にするなんて、まったくもって馬鹿げている。しかし、戦争が始まるまで、ヨーロッパはこのことに気づかないだろう。戦争が終わったばかりの国は、送電網を遮断するには一発の爆発物が必要だということを知っている」
↑「そして英国は現在、燃料供給ラインを混乱させるにはそれよりもはるかに少ない量で済むことを知っている。送電網は、中東やロシアから石油やガスを流すための複雑な国際条約、協定、戦争の網よりも強固にすることができると言えるだろう」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS