マクラーレン・レーシングが電動SUVを発表、チャールズ皇太子殿下も喜んでおられそう

F1レースやスーパーカー寄りのロードカー部門で有名なマクラーレンが、新しいSUVを発表した。そう、電気自動車のSUVだ。

ただし、ベントレー ベンテイガやアストンマーティン DBXのようなゼロエミッションのライバルってわけじゃないので、安心して。マクラーレンはあくまでもスーパーカーメーカーなのだから。これはあくまでも、エクストリームE向けのマクラーレン・レーシングの挑戦車である。

エクストリームEって?ジェンソン バトンやニコ ロズベルグ、ルイス ハミルトンなどが男女のチームを組んで、同じ電気自動車のSUVを使ったレースシリーズが急成長しているよね。

人類の活動によってすでに影響を受けている地域でレースを行うことで、地球の窮状を訴え、気候変動対策を促進することを目的としている。

このマクラーレンの「オデッセイ」バギーは、来年競われる他のバギーと同様に、ほぼ無音ながら550馬力を発生し、当然のことながら非常にオレンジ色をしている。

この車は、ニュージーランドのラリー・エースであるエマ ギルモアと、アメリカのレース/スタントドライバーであるタナー フォーストによってレースに出場することになっている。このカラーリングは、グラスゴーで開催されたCOP26気候サミットで明らかにされ、チャールズ皇太子殿下は明らかに喜んでおられた。チャールズ皇太子は、このチームの秘密のリザーブドライバーではないと思われるが。たぶん。

王室御用達のエクストリームEのチームが、いつの日か発表されることを期待している。

=海外の反応=
「このタイトルを見て、僕は発作を起こしそうになったんだけど」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS