2024年のフル電動化も見据えた5代目新型レンジローバーがターゲットにしているのは「目の肥えたモダニスト」

頭が混乱してしまう。これは本当に新しいものなのか?ここを読んでいるあなたは、クルマを見分けるのが得意だと思っていたでしょ?少なくともサイドプロファイルからは、私たちがよく知っているレンジローバーと同じように見えまる…けど、うまく説明できないんだが「ベターに」なっている。より滑らかに、より整然と、より洗練されて、より引き締まって。しかし、その方法は明らかにされていない。

ジャガー・ランドローバーのクリエイティブディレクターであるジェリー マクガバンは、淡々とこう説明する。「昔の世代と比べて、私たちが優れたデザイナーになったわけではありません。テクノロジーが進歩して、以前はできなかったことができるようになったのです」マクガバンは、自分自身やチームを卑下することは、そう知られていない(彼は、ライバル製品の視覚的にうるさいデザインを非難し、発言の最後に「…別に、彼らを非難しているわけではありませんが」とエクスキューズする)。つまり、彼の発言は、ボディのエンジニアがそれらの新しい技術を導入するよう、デザインサイドからかなり強いプレッシャーを受けていることを意味している。

このような技術を全部挙げていくと、かなり面倒くさい技術だと思われるだろう。しかし、私を信じてください、これらは効果があるのだ。しかし、その前にポイントを見てみよう。

ポイント1!新型レンジローバーは、まったく新しい、ほとんどがアルミニウム製のボディ構造を採用している。古い車体の一部を再利用することも考えたが、3年後にフル電動バージョンを実現するためのバッテリーを搭載するスペースを確保する必要があるため、それは不可能だった。プロジェクトリーダーのニック ミラーは、ディーゼルゲート事件が起きたばかりの頃の話だったと指摘している。

ポイント2!現在、発売されているのはプラグインハイブリッド車で、140psの電気モーターのみで100km走行した後、3.0リッターのガソリンエンジンを始動させる。合計出力は510psだ。その他の直6の3.0リッターエンジンは、JLRのディーゼル(250ps、300ps、360ps)とガソリン(360psと400ps)である。

私たちはまだ運転していないので、洗練性、経済性、ドライバーの魅力が向上しているという約束を信じるしかない。しかし、実際に見たり座ったりしてみると、自信に満ちた進化を感じることができる。また、1970年代以降のレンジローバーに見られる現象、つまり高価な新バージョンが登場するたびに、それがレンジローバーの主力商品になるという現象にも通じるものがある。

今回、その高価なバージョンはSVと呼ばれている。バンパーやグリルのデザイン、キャビントリムも独自のものになっている。実は、SVはひとつのモデルではなく、ひとつのラインナップなのだ。このモデルは、単一のトリムレベルではなく、複雑なオプションのパレットで構成されているが、24方向に調整可能なマッサージ機能付きリアシート、冷蔵庫を内蔵したフルレングスのコンソール、3Dプリントされたアルミニウム製のアームの上に置かれた電動式折りたたみテーブルなどで構成されている。後部座席の各乗員には大型スクリーンが設置され、カップホルダーも電動式になった。木材は美しい寄木細工のようなスタイルで、非常にスマートな布製のトリムも用意されている。これはレザーと同じくらい高価だが、より持続可能なものである。なぜなら、2.5トンのSUVのシートトリムのカーボンフットプリントを深く気にしているからである。

レンジローバーのキャビンは、現行モデルの登場から9年が経過したことに伴い、全体的に改良されているため、このような豪華な内装でも違和感はない。メインスクリーンは湾曲しており、触覚によるクリッキー・フィードバックを採用している。現代的な方法でフェイシアから独立しているが、通気口は一歩下がって一本の水平線になり、デザインがすっきりしている。

ボトムヒンジ式のテールゲート部には、オプションで「イベントスイート」が用意されており、クッションや背もたれが付いているので、快適に座ることができる。また、アッパーテールゲートにはスポットライトとスピーカーが設置。スピーカーといえば、前席と後席外側の2つのシートには、アクティブノイズキャンセリングのための小さなスピーカーがヘッドレストに設置されている。

さて、このようなすっきりとしたデザインを可能にしているオタク的なボディエンジニアリングをご紹介することを約束したね。まず、パネルの精度が上がっている。デザイナーは、外から見ると何の変哲もなくてつまらなさそうに見えても、ここにこだわっている。しかし、パネルの隙間が狭くなることで、無意識のうちに上質な印象を与えることができるのだ。特にレンジローバーの場合は、ボンネットの閉じたラインからウイングに向かって伸びるV字型の溝がクルマのサイドに沿ってある。そのボンネットの閉じたラインの幅が半分になっているので、その押したラインの残りの部分も半分の幅にすることができるのだ。その方が正確に見えるのだが、実際は指摘されないと理由がわからなかった。

屋根は、以前に比べて目に見える継ぎ目が格段に少なくなっている。見えないのは、新しい溶接技術を採用しているからだ。私たちは、溶接はちょっと退屈だと思っていた。窓もすべて平らになっている。最後尾のサイドガラスはピラーをジョイントレスで覆っている。また、ドアミラーの前方には、小さな三角形の視線がきれいに組み込まれている。これは室内からの視認性を高めるものだが、外からはほとんど見えない。飽きのこないディテールが、全体を刺激的に盛り上げている。

ガラスの部分というのは、新車を見たときに真っ先に気になるものではないだろうか。ドキドキするよね。さて、サイドウィンドウを見て。ドアのボディワークとの間には、目に見えるフィニッシャーはない。ドア内部への水の浸入を防ぐゴム製のリップを隠すクロム製のレールもない。すべてが隠されているのだ。レンジローバーのガラスには、理論的には汚れや砂が付着する可能性があるのだが、実際にはほとんど付着しないので、これは難しいことだと思う。彼は、ボディエンジニアは「挑戦が好き」と言っているが、これは明らかに、この問題でデザイナーを苦しめたことを意味している。

新しいサスペンションにより、23インチのホイールがアーチに沿って配置されている。ヘッドライトユニットはよりシャープに、ロアグリルはより分離され、よりワイドになっている。すべてのものが完全に一致しており、隙間はほとんどない。写真で見ると、まるでゲームの中のバーチャルカーのように見えるという奇妙な効果がある。実物を見ると、まるでコンセプトカーのようで、巻き上げられる窓や拭かれるワイパー、点灯するヘッドライトなどの実用的なディテールは、無視できるほどの邪魔者でしかない。

しかし、泥にまみれ、霧に包まれた状態でも、400m先の新型車を見分けることができるようにするための一連の変更は、後部にあるのだ。ライトクラスターはテールを中心に3辺の四角いループを描き、4辺はテールゲートの縁になっている。また、表面は非常に滑らかで、線は素粒子のように細くなっている。オリジナルのレンジローバーでは、このテールゲートの分割は、後続車に乗っていても、ラジエーターグリルから日が差し込むのが見えるほどの幅があった。

ああ、オリジナルの要素がいっぱいだ。マクガバンは、レンジローバーが「その伝統を認識しつつも、それに縛られない」と言っている。言い換えれば、52年前にオリジナルで魅了したツンデレな貴族だけをターゲットにしていては、ビジネスにならないということでもある。彼らが求めているのは「目の肥えたモダニスト」なのだ。それは、ランドローバー自身が驚いたことに、1980年代にオリジナルに自己選択して乗り始めた人々である。新しい車は、彼らをまっすぐに目指すことを全面的に明示している。

=海外の反応=
「新型iPhoneみたいな新しさだね」
「RRのファンじゃないけど、これは気に入った。とてもすっきりしたデザインで、まるでコンセプトカーのよう。こんな進化したモデルでは決して起こらないことだが、通常はより無駄なラインが増えるだけってことになりがち。この傾向については、新しい電気自動車に感謝しなければならないだろうね」
「スーパーチャージャーV8よ、安らかに」
「いいデザイン。最終的には、信頼性調査やレポートの最下位から脱けだせるような、きちんとした作りになれるのだろうか?」
「驚き。それ以外言いようがない」
「全体的には気に入っている。外側のデザインはすっきりしているけど、内装は、納得してない。特に驚くこともなかった。PHEVのバッテリーパックは巨大だね」
「写真を見ると、狭いシャットラインの非現実感というのがよくわかる。クレイモデルのように」
「スマホの自撮りカメラの機能で、顔が均一な肉の塊になるまで、顔の凹凸を滑らかにする機能があるよね?あれ。それが今回のクルマ」
「前作のエクステリアの方が良かった。ラインのヴェラールらしさがとても好きだったのに。まあ、最初からそうなることは分かっていたけれど。フロントの長方形はあまり好きじゃないし、通気口の配置も無造作で(以前のものは後ろが高く見えた)、自分にとっては後ろ全体が少しグレードダウンしているような感じ。インテリアはとても気に入っているけど、そこは前作も同じ。また、繰り返しのデザインがなされているため、不快感や経年変化を感じることがほとんどないのだ。もしJLRが作っていなければ、あるいは作ろうとしていなければ、私は欲しいと思うだろう」
「非常に素晴らしいデザインで、もちろん外見は全く予想外のものだった。悪くはないのだが、どうだろう?ベントレーやロールスロイスと市場を共有していることを考えると、もっと…すごい、あるいは少なくとも…すごいという選択肢があることを期待してたんだけど」
「ロングホイールベースバージョンに6ドアを搭載する方法を考えなかったのは驚き。後部座席に入るために、中央列のシートの後ろに登らなければならないのは、とても不愉快」
「シンプルな ドライブモードが選択できたら。On Road、Off Road、Towingの3つだけでいいんだ。せめて、牽引しやすいようにしてほしい」
「リークされた写真を見て、私たちは正しかったと思った。これは、サッカー選手や投資銀行家にとって、予定されていたプログラムを中断する瞬間になる。BMWのV8は、昔ながらのスーパーチャージャー付きの5.0からの変化を歓迎するものだ。より多くのパワーを、より少ない燃料で得ることができる。だから彼らは、その変化を控えめにしている。しかし、最近では「控えめな贅沢」が流行っている。JLRの信頼性に対するあまり良くない評判に対処していることを期待している」
「後方から見た場合を除いて、SUVとしての美しさが際立っています。インテリアも素晴らしいね」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS