Googleマップが環境に配慮したルートを提供してくれるっていうから、燃費マニアは使ってみよう

体力のない人がどこかに行くのに歩かされるとわかるように、最速の道が最も効率的であることはまずない。そして、最短距離に関してもそうではないようだ。体力を消耗するかどうかだけの問題ではない。山の斜面を1km直登しなければならないとしたら、一般的には山麓を5km歩くよりも多くのエネルギーを必要とする。車の場合も同様で、どのようなルートを選択するかによって、運転方法と同じように燃料やバッテリーの使用量に影響を与えるものだ。

Googleマップでは、この点に着目し、アメリカではすでに実施されているアップデートを、来年初頭にはYoorupでも実施する予定だ。Google社のシニアプロダクトディレクターであるラッセル ディッカー氏によると、「Googleマップは、最速のルートを表示するだけでなく、最も燃費の良いルートも表示します…。もし最速でなくても、2つのルートの相対的な燃費とETAの差を確認して、自分にとって最適な方を選ぶことができます」とのこと。

もちろん、効率を考えてルートを最適化することは、今に始まったことじゃない。UPS社は、左折(つまり渋滞を横切ること)を避けるように配送ルートを編成している。これはGPSやコンピュータが登場する前のことであり、独自の地図を作成していた。最近では、UPSは最も効率的なルートを選択する独自のソフトウェアを持っており、おそらくGoogleではなく、独自の超詳細な地図を使用しているのだろう。

もちろん、燃料使用量、CO2排出量、そしてフィットネスのためには、歩くことが一番。しかし、それは1kmの上り坂に直面していないときであれば、簡単に言えることなんだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS