「ワイスピ」のスバル BRZも手掛けたTRA京都のトヨタ GR 86用ボディキットに海外から熱い眼差し

2.4リッターフラット4エンジンを搭載した新型トヨタ GR 86のサウンドは気に入ったが、その外観は少々無難だと思っていない?そんなあなたにピッタリのアイテムがある。この新しいPandem Rocket Bunnyワイドボディキットをご覧ください。イカしてるよね。

これは、Tops Racing Arts Kyoto(通称:TRA京都)と、その創設者である三浦慶氏の作品だ。TRA京都では、映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』に出てきたブルーのスバル BRZに、「ロケットバニー」が取り付けられ、海外からも注目されている。このインテークを追加したワイルドなフロントバンパーとリベットで留められたアーチを見てよ。

後方には新しいディフューザーが装着され、ラップアラウンド型のリアウイングが存在感を示している。このデモカーを見る限りでは、インテリアも取り外され、適切なロールケージが取り付けられている。

これは、インターネット上で話題になるかもしれない。ご意見・ご感想は下記のコメント欄までお願いしまーす…。

=海外の反応=
「車の良いところを伸ばし、悪いところを抑えた、とても良いデザインだと思う」
「僕はこのGR 86がとても気に入っている。この車が発売されて以来、最も格好良いボディチューニングキットだと思うんだけど。様々なスタイルを見てきたが、ここまで洗練されたものはなかったな」
「実際、とても気に入っている。すべてが均整がとれていて、フロントも素晴らしい。ただ、今はもっとパワーが欲しい」
「スピードバンプが恐怖…」
「2つの感想
1.
バッグやハイドロを使わない限り、想像を絶する低さだと思う。どちらもハンドリングの良さでは知られていないので、これはちょっとした問題だね。
2.
これはこのクルマというよりも、一般的な「業界の問題」だと思うのだが、本物のリアディフューザーを備えた安価な古いフォーミュラカーのオーナーとしては、企業がバンパーの下にいくつかのバンプを入れて黒く塗り、それをリアディフューザーと呼ぶのには歯がゆさを感じる。想定通りの効果が得られないのであれば、それを付けるべきじゃない」

アーカイブ

subscribe RSS