アルファ ロメオ ジュリア GTAが限定500台完売したが、手に入れられる可能性はゼロじゃない

ジュリア GTAと、そのさらにハードコアな兄弟車であるGTAmは、アルファ ロメオからの昨年の110歳の誕生日プレゼントだったが、500台の製造を約束した後に、すべてがなくなってしまった。ブー。

アルファ ロメオでは、GTAは世界中でヒットしており、特に中国、日本、オーストラリアでは「かなりの数」が販売されたと主張している。私たちが乗っていた頃は、2つのバージョンがほぼ同じ数だけ販売されていたが、その傾向がこのクルマの販売期間中ずっと続いていたかどうかはわからない。

2,064万円から販売されていたジュリアGTAは、2.9リッター ツインターボV6を搭載し、最高出力は540ps、0-100km/hを3.6秒で走ることができる。GTAmは、パワートレインはまったく同じだが、後部座席やドアハンドルなどを廃し、ロールケージと巨大なリアウイングを装備することで、ジュリア QVよりも100kgの軽量化を実現している。しかし、後になって計算が合わないことが判明したけど…。

さらに、標準モデルよりも134万円高くなった分、イギリスではレーシング・カラーが選べる(レーシング・ナンバーも選べる)のだ。

では、このモデルを手に入れる唯一の方法は、国内外のクラシファイドに目を光らせることになるのだろうか?そうではない。アルファ社によると、既存の購入者が退会した場合に備えて、興味のある顧客のためのリザーブリストを開設したという。

その間に登録して、宝くじに当たることを祈ることもできる。クルマを購入するのに、奇妙なやり方になったものだ。

=海外の反応=
「今では、限定生産のものはすべて投資のように考えられている。車を本来の目的に沿って楽しんでもらいたいのであれば、生産や販売を制限してはいけないよな…」

アーカイブ

subscribe RSS