ロールス・ロイス電動化第1弾の名前は「スペクター」…007最新作公開のタイミングに合わせたんだとしたら、スゴいけど

「この新製品により、2030年までに製品ポートフォリオ全体を完全に電動化するための資格を示しました。その時までに、ロールス・ロイスは内燃機関製品を製造・販売する事業から撤退しています」

これはロールス・ロイス社のCEOであるトルステン ミュラー=オトヴェス氏の言葉だ。そして「この新製品」とは、上の写真のようなクルマのことを指している。てか、見えないよね。

「私たちのブランドにとって、これは新しいレガシーの始まりです」とトーステンは続ける。「その意味で、このクルマにはまったく新しい名前をつけることにしました。それは、私たちの製品が存在する幽玄な世界の環境にぴったりの名前であり、この瞬間のために特別に用意した名前なのです。"スペクター(Spectre)"です。

誰もがジェームズ・ボンド映画の最新作を話題にしている日に、車にSpectreと名付けたのは偶然だろうか?しかし、このカモフラージュ柄のクーペには、それだけでワクワクするような筋書きがある。それは、ロールス・ロイスが次の10年の初めから電気自動車だけの未来に向かって進むための、ヘッドラインとなる電気自動車なのだ。最新のファントムと同じアーキテクチャーをベースにしており、すでにテスト走行を行っている。

「私たちは、ロールス・ロイスの歴史の中で最も過酷なテストプログラムを考えました」とトーステンは言う。「250万キロを走破する予定です。これは、ロールス・ロイスが平均して400年以上使用した場合のシミュレーションであり、この新しいモーターカーを限界まで押し上げるために、世界の四隅までを旅します」

「このテストカーは、世界中の道路で見ることができます。目につくところに置いてありますよ。数百万マイルに及ぶ旅の中で、あらゆる状況、あらゆる地形でテストされ、ロールス・ロイスを文字通り未来へと加速させるのです」

もし、迷彩服を着てテストしている姿を見つけられなかったとしても、本物は2023年末に顧客に届けられる予定だ。今のところ技術仕様は不明だが、これはずっと先のことを考えた絵空事ではない。

どうです?

=海外の反応=
「RRが電気自動車になるのはいいけど、なぜこんなひどいラッピングをするのか?」
↑「誇大広告や興味を持たせるためのプレス用 "カモフラージュ"のようなものだよ」
↑「しかし、RRの持つ重厚な雰囲気には似合わない。まるでグラフィティアーティストを雇ってペイントしてもらったような感じだ。願わくば、スペクターをネオンイエローやその他の色で売らないで欲しい」
「普段は電動化に反対しているけれど、電動化はRRの理念に合っているのは間違いない」
↑「確かに、僕も電気自動車のロールスロイスを試乗してみたいと思っている。RRはこれまでに何度か運転したことがあるが、この新型モデルは四角いデザインとは程遠く、ベントレーのGTのようにフロントが少し丸みを帯びている」
「これは実質的にはレイスの2代目になるのだろうが、レイスがまだ少しでも売れるように名前を変えて、ソフト的な代替品になると想像している。また、気取ったマーケティングのセリフは、私が顧客だったら、敬遠してしまうだろうね」
↑「レイスやドーンはすでに生産中止になっているところもあるので、スペクターと並んで売れるとは思えないけど」
↑「ゴーストと同じアーキテクチャでレイス/ドーンを置き換えていないので、僕もそう考えている」
「理にかなっていると思う。RRはすでにタイタニックを沈めた氷山のような重さがあり、モーターに供給されるパワーを電子的に調整して、エンジンとよく似たレスポンスを得て、スムーズで静かな体験をするのだろう。一方、スポーツモードを使えば、顔がにやけて溶けてしまうようなモンスターに変身するかもしれない。早くこの新種の車を見たくて仕方ない」
「RRは最も壮大な名前があって、これも素晴らしいものだが、007との関連性が強すぎて、あまり独創的な名前じゃなくなってる」
「結局、このラッピング、何を意味してるの?」
↑「モダンアートをテーマにしたカモフラージュってことでしょ」
「カモフラージュ柄はちょっと不細工だけど、それがまたかっこいい」
「スウェプテイルみたいだ」

アーカイブ

subscribe RSS