イネオス グレナディア 4✕4の価格は725万円から…って、ディフェンダーに比べてそんなに安くないじゃん?

クラシックディフェンダーの後継車として期待される、イネオス グレナディア(Ineos Grenadier)。英国の化学メーカー、イネオス社の会長でディフェンダー愛好家のジム ラトクリフ氏が、ゼロから開発を手掛けている。価格は、約48,000ポンド(725万円)からとなる。これは、ブラックアウトされたリアウィンドウを備えた2人乗りの商用車の場合だ。5人乗りの場合は、商用、乗用ともに約5,000ポンド(75万円)高くなって、これらの価格にはVATが含まれている。

最もベーシックなランドローバーのディフェンダー 110は、5万ポンド(755万円)弱から。イネオスの主張によれば、グレナディアのベーシックなバージョンでも装備は充実しており、そのオプションは複雑なパックではなく、良心的な価格でわかりやすいものになっているという。「欲しいものを手に入れるために何万ポンドも追加する必要はありません」と、セールス&マーケティングの責任者であるゲイリー ピアソンは言う。ディフェンダーの場合は、おいしい部分がすべてオプションで追加されるので、価格はすぐに上昇するし。

しかし、作業車として使いたい人にとっては、グレナディアは決してお買い得じゃない。農家の人たちがこぞってピックアップトラックから撤退することはないだろう。シャシーは特注のラダーフレーム、パワートレインはBMWの強力な直列6気筒3.0リッターディーゼルで、テストと開発はオーストリアのシュタイアが担当している。しかも、同じコースで。

今はまだ最先端のものではないけれど、BMWのガソリンも、水素も、後からついてくるかもしれない。既報の通り、グレナディアの生産は2022年夏まで延期され、フランス東部にある旧スマート社の工場で組み立てが開始される予定だ。

また、Grenadierの購入や運用方法についても詳細が明らかになっている。英国では、23カ所の販売・サービス拠点と、12カ所のサービス専用拠点が設けられる。イネオスによれば、オーナーの層はさまざまなので、都市部にある拠点もあれば、農業関係の店舗につながっている拠点もあるという。23カ所の拠点では、当然のことながら包括的なカバーはできないため、同社は回収してサービスを提供し、遠隔地には「フライング・スパナ」を用意する。

世界各地に200のセンターを設置し、一部のアフターセールスサポートはBMWやボッシュと共同で行う。米国での販売は、今回の最初の役割の一部ではなく、2023年に開始される予定だ。

=海外の反応=
「こんなの、誰が買うんだ?愚かにも値段が高く、ただの古いディフェンダーだし、本来の魅力を失っている。イネオス、終了。チーン!」
↑「ただの古いディフェンダーじゃない。ディフェンダーにはないものを提供していると思うよ。非常に小さいけど、両方の市場がある。それが問題かな?イネオスこの製品が失敗しても気にしないだろうけど」
「つまり、ブレグジット以降のクルマは、日本製のシャシーとドイツ製のエンジンを搭載し、オーストリアで開発され、フランスで製造され、利益はモナコに住む亡命者に支払われるということだ」
↑「何がいいたいの?英国の自動車産業はもう残っていないし、JLRはインド人が所有しているし、ローバーは中国人だし…などなど。一体何を期待していたの?」
↑「はっきり言って、個人的には何の問題もないと思うけど、ラトクリフ氏は自らを英国自動車産業の救世主と宣言し、すべてを英国で製造しようとし、最も近い隣国との産業および貿易関係を断絶することを非常に積極的に支持していたんだよ」
↑「言いたいことはわかった。しかし、なぜフランスの工場を購入することになったのか、長年にわたる彼の発言を振り返ってみてはいかがだろうか。基本的に、英国政府はこの種のことには積極的に協力的じゃない。テスラが最初のヨーロッパ工場をどこに持っていったかなどを見てみよう。フランスの工場は非常に近代的で、きちんとしたオーダーブックを持つ現役の企業であり、高額で購入でき、ニーズに合わせて再構成することも容易だった。しかし悲しいかな、それは実現しなかった。試していたのはウェールズだけだったが、それがうまくいかないことは誰もが知っている」
「48,000ポンド(725万円)あれば、非常によく整備された(さらには改造された)古いディフェンダーを手に入れることができる。価値をよりよく保つことができ、よりよく機能し、より簡単にサービスを受けることができる…などなど。もっと安いものを買って、自分の好みに合わせてリスクなくレストアする(あるいはお金を払ってレストアしてもらう)こともできるじゃん。どちらの方法でも、模造品の代わりに良い車を手に入れることができ、ラトクリフ氏のポケットに入るお金も少なくて済むんだ。これぞ、Win Winだね」
↑「2015年当時、ランドローバー社はアドベンチャー ディフェンダー 110 ステーションワゴンを43,495ポンド(656万円)で販売していた」
「ソリハルでは、その動向が注目されている。これが売れれば、旧ディフェンダー工場は再び稼働することになるんだ」
「つまり、40,000ポンド(600万円)+vat(付加価値税)ってことでしょ。トヨタ ハイラックスのディーゼルのオートが42,000ポンド(635万円)で、旧ディフェンダー110が2016年に33,405ポンド(505万円)だったことを考えると、とんでもなく高いというわけではない。もちろん、フォード レンジャーと価格競争するつもりはないが、トヨタやランドローバーなどを見始めると、かなり競争力があるように見えてくるし、このクルマのようにエンジンやギアボックスの仕様が付いているものはない。もっとバカげたことをしたいなら、Gクラスやランドクルーザーなどの価格を見てみよう」

アーカイブ

subscribe RSS