シロンよりも強烈な加速 世界限定40台のブガッティ ボリードがブガッティ 東京で受付開始

世界限定40台の「ブガッティ ボリード」の予約受付が「ブガッティ 東京(BUGATTI TOKYO)」で開始された。日本での販売価格は問い合わせが必要だが、以前のニュースでは、1台400万ユーロ(5.2億円)で販売され、2024年に納車される予定だという。

BUGATTIは、2021年8月に北米のペブルビーチで完成形を公開した新しいハイパーカー「ブガッティ ボリード」を、40台限定のサーキット走行を前提としたモデルとして少数生産する。公道走行はできないので、注意が必要だ。

ボリードのデザインは、ブガッティのスタイル哲学である "form follows performance "というアプローチを極限的に踏襲。さらに、妥協のない軽量構造を採用している。このデザインは、ブガッティが1920年代に行った輝かしいモータースポーツの歴史に敬意を表したものである。

多数のエアダクトと繊細なフロントエンドは、同社のシロンで表現されてきたハイパースポーツカーというよりも、空力的に洗練されたF1やLMP1のマシンを彷彿とさせ、その外観を支配している。また、車体の地上高を極力低く抑えたことにより低重心の効果は最大限に達し(995mm)、ルーフにはエアインテーク・スクープが装備され、シートはレーシングポジションに合わせられている。印象的なリアディフューザーとの組み合わせにより、Xシェイプのリアシルエットを構成しているボリード専用のウイングが圧倒的なダウンフォースをもたらし、高速域での強力なトラクションを獲得できる。

ボリードは、主にレーストラックで走行することを主眼として開発が行われてきた。吸排気システムと合わせて、専用の空冷式8LW型16気筒エンジンはいつでも高回転で走行できるようチューニングが施され、加速はシロンよりもさらに強烈に、それでありながらドライバーとマシンの一体感を高めた究極のレスポンスを実現した。また、4つのターボチャージャー、トランスミッション、ディファレンシャルや冷却システムにも手を加え、各部に軽量で高剛性なチタン合金製のパーツを組み込むことで、とてつもない出力と耐久性を発揮するパワーユニットを実現した。

極限まで削ぎ落された車重は40台のボリードのためにだけに開発された全く新しいカーボンモノコック・シャシーが大きく貢献し、僅か1240kgの車重を大幅に上回るダウンフォース(2600kg/時速320km時点)を獲得している。これにより、ボリードのドライバーはAWDの駆動と共に安定した姿勢で静止状態から時速100kmまでを2.17秒で駆け抜けるローンチ性能と時速500kmに達する加速性能、同時にコーナリング時における敏捷性も自動車製造の粋を極めたブガッティ史上においても、これまでに誰も経験したことの無いレベルにドライバーを導いてくれる。ドライバーはボリードのステアリングを握り、目の前に飛び込んでくる走路の景色を最高に愉しむことができる。

ボリードは比肩するものがないほどの走行性能とドライビングプレジャーを担保するための安全性と十分な快適性も持ち合わせている。HANSシステムへの対応、自動消火システム、圧力式燃料補給システム、セントラル・ホイール・ロック、6ポイント・セーフティ・ベルト・システムなどが装備されている。

ボリードのオーナーにはブガッティから、サーキットを専用に貸し切ってラグジュアリーな演出の中で行われる専任のインストラクターによる走行トレーニングや、ボリード専用の走行イベントへの参加資格が与えられる。

■ブガッティ ボリード(BUGATTI Bolide) 諸元
エンジン:空冷式8.0L W16気筒+4ターボエンジン
最大出力:1850PS
最大トルク:1850Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチ「DSG」
駆動方式:4WD
車両重量:1,240kg
0-100km/到達時間:2.17秒
最高速度:500km/h

https://www.sky-g.org

アーカイブ

subscribe RSS