ホンダ NSX タイプ Sの純正タイヤにピレリ P Zeroが採用

ホンダ NSXの最終モデル、タイプ Sが2,794万円で申込み受付中だ。全世界限定350台のうち、日本では30台が2022年7月に発売が予定されている。そのタイプ Sの純正タイヤとして、ピレリのタイヤが装着されることになった。

この専用設計の
P Zero タイヤ開発にあたり、ピレリの技術者はモータースポーツ用タイヤ、特に2011 年よりオフィシャルサプライヤーとしてタイヤを供給している、フォミュラー1で培った技術を採用している。

ピレリの技術者は、サーキット用タイヤ開発のために構築し、公道用タイヤ開発にも適用されている、最先端
のバーチャルモデリングプロセスによるシミュレーションを使ったタイヤの開発手法を通して、さまざまな使用
条件におけるタイヤへの影響を解析した。


その結果、フロント用タイヤには
245/35ZR19、リア用は305/30ZR20 P Zero NSX Type S 専用に開発された。

NSX タイプ S の性能を最大限に引き出すことに貢献している要素の一つである非対称トレッドパターンは、ウェット及びドライ両路面で正確な操舵性と高いグリップ性能を発揮し、優れたハンドリング性能を提供している。またリア用タイヤに非対称のモールドプロファイル設計を採用することで、優れたリアのスタビリティーを実現した。

最適なプロファイル及び、トレッドパター
ンの設計に加えて、限界性能レベルとサーキット走行の性能を高めため、ピレリの技術者は剛性の高いタイヤの構造設計を行った。

NSX タイプ S
専用タイヤを開発するにあたっては、材料技術にも力が注がれた。ウェット及びドライ路面において高いグリップ性能を発揮させるために、ウルトラ・ハイパフォーマンスのトレッド・コンパウンドが開発され、優れたハンドリング性能とブレーキ性能を達成した。ピレリのコンパウンド設計者は、グリップ性能を高めるために、モータースポーツで培った配合技術を採用している。

この
NSX タイプ S 専用に開発されたP Zero タイヤには、タイヤのサイドウォールに「H0」マークが刻印されいる。「H0」マークは、スーパーカー向けに優れた性能を実現するために、ホンダと協業で特別に開発さ
れたタイヤである
ことの証だ。

 

アーカイブ

subscribe RSS