電動クロスオーバーのフォルクスワーゲン ID. Lifeはポロ GTIと同等性能ながら、260万円の低価格がターゲット

フォルクスワーゲンは、2025年に電気自動車のスーパーミニを発売する準備を進めており、その価格は現在のピストン式スーパーミニと同程度の20,000ユーロ(260万円)をターゲットとして計画されている。

今日のミュンヘンモーターショーでは、このアイデアに慣れ親しんでもらうためのコンセプトを発表しました。こんにちは、ID.Life。

VWのブランド・ボス、ラルフ ブランドシュテッターは「かわいいでしょう」と叫んだ。デザイナーは「アーバン・クロスオーバー」だと語っている。つまり、キュートとタフのマッシュアップのようなものってこと。しかし、VW ルポのようなバンビのようなかわいらしさは感じられない。

この仕様では、パフォーマンスはキュートさをはるかに超えていて、ポロ GTIの域に達している。モーターは234bhpで、0-100km/hはわずか6.9秒だ。バッテリーは57kWhで、航続距離は400kmだ。

しかし、パワーを落とし、バッテリーを小さくした廉価版が登場することは間違いない。このクルマで利益を上げるためには、大量に生産しなければならないのだから。より多く売るために、クプラとシュコダのバージョンも用意している。この3つのモデルとそのバッテリーをスペインで生産する計画だ。

ID.3のプラットフォームを短くしたものを使用しているが、今回はシングルモーターを後ろではなく前に配置しているので、トランクにはそれなりのスペースが確保されている。

室内は、タッチスクリーンではなく、ほとんどの電子制御をスマホから行うことでコストを削減している。ステアリングホイールには、いくつかの表示とボタンがある。

このコンセプトモデルには、キャンプ用のスリーピングマットのように膨らませたセルで作られたタルガルーフが付いている。軽量化が図られており、取り外すと丸められる。ドリンクボトルのリサイクルプラスチックを使用しているので、地球環境にも優しい。

他にも、ダッシュボードからプロジェクタースクリーンが出てきて、車内で「星空の下」で映画を見ることができるなど、コンセプトカーらしい演出が施されている。そのために、シートはほぼフラットにリクライニングする。えーと、実際に自分のクルマを映画館に使いたいと言った人はいるのかどうか?

しかし、人々は電気自動車の小型車を求めており、2025年にはVWから望み通りのクルマが発売されるだろう。

=海外の反応=
「これまでに見たことがあるものの中で、これはインテリアデザインの見事な大失敗だと思う。ID.3をはじめとするVWの新型車はUXデザインが非常に悪いと、誰も彼も、うちの犬でさえもコメントしてたのに、今度はさらに奇妙なアプローチで試運転を行い、物理ボタンをさらに減らし、ホイールには何をしたっての?
映画館は、人里離れた場所にある機能の乏しい50kWの充電器からトリクル充電するときにできることなので、理解できるけど、それ以外は本当に、本当にひどいな」
↑「これはコンセプトカーに限った話だから。例えば内部は骨組みだけの精神病院のようで、座り心地の悪い薄い椅子が置かれているけど、それは高価なクルマなら、生産には反映されないよ。小さなVWだからこそ、7色のカラーと安っぽいプラスチックを使った「楽しい」インテリアを期待してる」
↑「このような反発を受けてきたのだから、そこで彼らは学び、そのフィードバックを少しでも自分たちのコンセプトに反映させるだろうと思うだろう。でも、彼らはそうしなかった。その上、ちゃんとしたホイールの代わりに、あのテスラのような怪しげなものまで付けてしまったんだから。一つは2040年のコンセプトにあったけれど、それは空想の産物だった。でも、これは2025年のものだ。あまりにも近いので、おそらく彼らは実際にその車のデザインを始めていて、これは本当に彼らの初期のスケッチの1つなのではないかと思われる」
「ID.2という名前になるのだろうか?」
「この塗装は、100均ショップのキッチン用品セットに使われているようなフェイクマーブルのようなもので、高級感を演出している」
「"独自のタッチスクリーンではなく、ほとんどの電子制御を携帯電話から行うことでコストを削減している" そして、プロジェクターを内蔵している。かっこいいけど、不要なのでオプションリストの一番下に入れるべき。製品版では、もっと伝統的なインテリアにしてほしい」
↑「そうだよね、携帯電話が繋がらなくなる場所に行くことだってあるんだろうから」
「よかった、ほとんどはまだお金がかかりすぎて実現できないだろう」
「フィアットのエレクトリック版500とかパンダみたいだ」
「お、とてもいいね。数年前のフィアットのコンセプトが好きなんだ。OK、真面目に考えれば、素晴らしいことだが、ちょっとフィアット セントベンティ コンセプトに似すぎている。また、フォルクスワーゲンさん、僕をからかっているの?ペダルの上にビデオの一時停止と再生のボタンがあるなんて、醜いじゃないかー」

アーカイブ

subscribe RSS