新しいパートナー、ジーリーがエンジニアリングを担当したEV、スマート コンセプト #1

これがスマートの未来だ。まず、文字通りのビッグニュースをご紹介しましょう。全長4.2メートルのこの車は、現在のFortwo(2.7メートル)やForfour(3.5メートル)よりもはるかに広いスペースを持ち、Mini カントリーマンに近いサイズだ。この車は、ミニが全シリーズに電気自動車を導入した後、最も敵対する可能性の高いクルマである。

いかに小さなEVメーカーといえども、SUVブームから逃れることはできない。しかし、スマートのSUVに対する考え方は、予想通りユニークなものであった。「コンセプト#1」と呼ばれるこの車は、(1)「スマートの新世代の電気自動車の最初の生産モデルについての明確な洞察を提供する」、(2)「あなたが買うものではない」ことを意味している。

少なくとも、今はまだ、ってことだけれど。実際のモデルは、このような外観をしているが、内装はよりオーソドックスなものになり、4人掛けではなく5人掛けになると言われている。しかし、ショールームで販売される車が「Forfive」と命名される可能性がどの程度あるのか、私たちにはよくわかっていない。

新しいパートナーであるジーリー(吉利)がエンジニアリングを担当しており、初代Forfourが三菱 コルトをベースにしていたことに比べれば、ファミリーサイズのスマートのベースとしては少し先進的なのではないかと考えている。

「次世代のスマートモデルは、最高レベルのダイナミックなハンドリングとパッシブセーフティを提供します」と約束されており、バッテリーの航続距離、急速充電機能、簡単にアップデートできるソフトウェアに重点を置いた新しいプラットフォームを採用している。搭載されているECUの75%は無線でアップデートできるそうだ。

バッテリーのサイズや性能、航続距離などの情報はない。今のところ、少なくとも私たちの目には、メルセデスのEQクロスオーバーを縮小して角を丸くしたような、大きくて快適なスマートを理解する必要がありそうだ。それはおそらく、メルセデスのシティカー部門の最新かつ最高の製品が呼び起こすことを意味しているのだろう。

気に入った?

=海外の反応=
「かわいいーーー!」
「バカげたライト、メタル、ドアを取り除けば、市販モデルになる。ヘッドレストは非常に違和感があるけれど、これがカットされるのは目に見えている。また、きらびやかな装飾がなければ、ダッシュはキットカーから出てきたようなものになってしまう。全体的に目立った印象がない。EQAをバッジダウンして売り出そうとして失敗したとしても不思議ではないくら。あの車や他のいくつかの車が売れる理由はフロントのバッジだけだし、クロスオーバーのイメージが、スマートにはない。むしろ面白いスーパー小型車を見てみたい」
「ジーリーのものであれば、将来のスモールボルボと基盤を共有することになるよね?XC20とか?」
「このデザインが好きじゃない。EQSは問題なく見えるけれど、このフロントエンドはそうではない」
「打ち上げられたクジラのように見える。マイバッハを除いて、彼らが発表したゴミのよう」
「下の写真、ワロタ」
↑「これは…何か言おうと思っていたんだけど、あなたの投稿を見て、ああ…大笑いした。最初に見たときは、何がなんだかよくわからなかったんだよ。セーフティキットかなと思ったんだけど、ちょっと待って、充電ケーブルを入れる箱だとわかった。とにかく、このEQGはちょっと気に入っているんだけど、下の写真の3枚目に写っている2つの半透明の物体がエイリアンなのかどうかはまだわからない」

アーカイブ

subscribe RSS