ル・マン24時間でリシャール・ミル レーシングチームが2度の接触によりリタイア

フランスの小さな町、ル・マンでは、リシャール・ミルのフレンドやパートナーたちが時間や疲労、そして気まぐれなサルトの空と戦いながら、再び24時間レースを繰り広げた。世界で最も象徴的なモーターレースは第89回目の開催となった。

GTE-Proで最初に伝説のチェッカーフラッグを通過したのは、AFコルセ51号車フェラーリ488 GTE Evoだった。これにより、3年ぶり2回目の優勝を果たし、コンストラクターズランキングでもトップに立つことができた。

フランソワ・ペロドは、後に「白昼夢」と表現したように、AFコルセ83号車フェラーリ488 GTE Evoのステアリングを握り、GTE-AMクラスで優勝した。

セバスチャン・ブエミは、ハイパーカー#8のステアリングを握った。スタート時に衝突したにもかかわらず、総合順位で2位になれたことは非常に幸運だったと語っている。さらに、滑りやすい路面で再スタートする前に、パワーサイクルを完了するためにコース上で停止する必要があり、事態はさらに悪化した。「24時間のレースなので、最初はかなり慎重に行動しようとしますが、特にウェットの場合はそうなります。いくつかのポイントではレースをリードしていたので、2位でフィニッシュできたことはとても印象的でした」と語っている。

リシャール・ミル・レーシング・チームのタチアナ・カルデロン、ベイスク・フィッセール、ソフィア・フローシュはだが、残念ながら不運に見舞われて早々にリタイアすることになってしまった。しかし、一度ならず二度のクラッシュを受けてしまい、LMP2クラス11位でレース6時間目にリタイアを余儀なくされた。

テストデーから20時間のテストを経て、27位(LMP2カテゴリーでは22位)のグリッドからスタートした。雨が降り始めた中、タチアナ・カルデロンはシートベルトを締めてスタートを切る。今シーズン初めてグルーブドタイヤを装着したコロンビア人ドライバーは、フォーメーションラップとセーフティーカーの後ろで行われた最初の2ラップで、コースのコンディションを確認した。

シグナルがグリーンになると、タチアナ・カルデロンは、ハイクラス・レーシング20号車がグリッド上で立ち往生していた時に獲得した1つのポジションに加え、6つのポジションを獲得して、レースは一気に加速。タチアナ・カルデロンは、ドライになってきたコースで、FIA WECのトップ選手たちとの戦いに加わった。その後、スリックタイヤで2回の走行を行い、一時的にトップ10入りを果たした後、ベイスク・フィッセールに交代した。

15位でピットアウトした「ROXY」は、ライバルのミスが多発する中、安定したトリプルスティントを続けた。レース開始から4時間半後、ソフィア・フローシュが1号車 オレカ-ギブソンのステアリングを握るまで、彼女の努力は「ROXY」の有望なスタートを裏付けるものとなった。

ソフィア・フローシュは素晴らしいオープニング・スティントを終えた後、2度も接触を受ける。まず、26号車のGドライブにスローゾーンでスピンされ、次に74号車のレーシング・チーム・インディア・ユーラシアに衝突された。マシンのダメージが大きかったため、レーススタートから5時間11分後にリタイアを余儀なくされた。

「ル・マンでガレージのドアを閉めなければならないのはいつもつらいことだが、それが報われない場合はなおさらです。彼女たちはレースで素晴らしいスタートを切り、ベイスク、タチアナ、ソフィアの3人は順調にペースを上げていたが、26号車Gドライブのミスでソフィアはガードレールに突っ込んでしまいました。彼女がコースに復帰した頃には、2回目の衝突でマシンに取り返しのつかないダメージが加わり、ドライバーはメディカルセンターへの通院を余儀なくされました。3人のドライバーは、プロジェクト開始以来、どのレースでも同じように完璧な走りをしていただけに、非常に残念です。そのおかげで、ル・マン24時間レースでは差をつけることができたかもしれません。また、リシャール・ミルとアマンダ・ミルは自分たちのチームが成し遂げたことを誇りに思うでしょう。ドライバーたちは、最も困難な状況下でも信頼性が高く、速いということを再び証明してくれました」とシグナテック社のディレクター、フィリップ・シノーは締めくくった。

バーレーン(10月28日-30日)で開催される次のレースに向けて、また頑張ってほしい。

https://www.richardmille.com/ja

アーカイブ

subscribe RSS