ポルシェ タイカンがアップデートで964世代のポルシェ 911と同じルビーストーンレッドにもできる

ポルシェは、EVのタイカンのモデルイヤーアップデートを発表しました。歌って踊れる(?)多彩なエレクトリック・スポーツ・サルーンとしては、技術的なアップグレードに注目すべきだろう。

実測での航続距離が伸びたと言われている(ただし、公式のWLTP値は更新されていない)。Android Autoがインフォテイメントに搭載された。ガレージやコストコの最後の空きスペースが、ドアを開けて外に飛び出すには少々狭すぎる場合、スマホのアプリで駐車することができる。

しかし、これらは単なるディテールの話にすぎない。さらに、完全なペイント・トゥ・サンプル方式により、カラーオプションを「無限」に広げることができるのだ。これにより、タイカンを時計のストラップや靴ひもなど、お好みのものに合わせることができるんだって。

この実行を、わかりやすく説明するにはどうしたらいいだろうか?うーん…それは、964世代のポルシェ 911のパンフレットに掲載されているルビースター、別名ルビーストーンレッド、別名ピンクを1台に塗って、新旧2台を一緒に撮影するようなことだ。

素晴らしいでしょ?日常的にはEV、晴れた日や週末にはフラットシックスのスポーツカー、というように、ガソリンユーザーの未来のライフスタイルも垣間見えるかもしれないね。ちなみに、カラーマッチングはオプションだよ。

=海外の反応=
「素敵な色だけど、イエローのキャリパーと少しぶつかっちゃうね」
「正直、この色は気に入っている。大胆で、歴史的にも意味のある色だと思う。でも、ホイールはフルブラックかフルシルバーにしたかった」
「こんなに大きな車にあの色は納得できない」
「ありえねー」
「でも、キャリパーは黒く塗るか、無塗装にする必要があると思う。正直なところ、黒や銀、白にこだわらず、車に華を添えてくれる人が増えるといいね」
「周りでタイカンを見かけるようになったけど、そのカラフルさには驚かされる。僕はタイカンには白が似合うと思っているのだが、それでも(まだサンプルが少ないながらも)オーナーの3-4人に1人くらいしか白を選んでいないようす」

アーカイブ

subscribe RSS