リシャール・ミルからダブルストライプをあしらったル・マン クラシック参加を記念した150本限定モデル

この2年間、ル・マン郊外には不気味なほどの静けさが漂っていた。世界で最もアイコニックで歴史的なレースイベントを知っている人なら、毎年7月2日になると、遠くのターマックを焦がす音で町全体が振動することを知っているだろう。

この伝説のレース、ル・マン クラシックは、来年2022年だけでなく、最初のレースから100周年を迎える2023年にも特別に開催される。

リシャール・ミルは2002年の第1回大会からパートナーとしてこのレースへ参加している。 ル・マン クラシックを記念して、8作目のル・マン クラシック モデル「RM 029 オートマティック ル・マン クラシック」を150本限定で発表した。価格は21,670,000円。

RM 029 オートマティック ル・マン クラシックは、ケースサイズ40.10 x 48.15 x 13.10 mm。ミドルケースはホワイトクオーツTPT®、そしてフロントベゼルとケースバックはグリーンクオーツTPT®で構成されている。フロントベゼルには、ル・マンの特徴であるダブルストライプが施されている。このストライプは、ホワイトクオーツTPT®をグリーンクオーツTPT®ベゼルの12時と6時の位置にはめ込んだもので、ブランド初の試みだ。

スケルトナイズされたグレード5チタン製キャリバーRMAS7は、4時位置にオーバーサイズのデイト表示を備えている。そして独自の可変慣性モーメントローターシステムによって、RM 029オートマティック ル・マン クラシックの心臓部である、2つの巻き上げ香箱を駆動している。2時位置には細部までこだわった24時間表示(青色の針)があり、レースイベントだけでなく、24時間を戦い抜いた何百台もの車とドライバーへのオマージュが込められている。

https://www.richardmille.com/ja

アーカイブ

subscribe RSS