エヴァイヤの特徴を踏襲したロータス エミーラ、AMGが開発協力した4気筒エンジンにも期待

ロータス エミーラが発表された。これは、ロータスのビジネスとブランドの継続的な変革を完全に体現する、新しいミッドシップエンジンのプレミアムスポーツカーだ。エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの能力や特徴、技術の素晴らしさに基づいて構築されたエミーラは、ロータスの飛躍的な進歩を表している。注目すべきは、エヴァイヤのデザインの特徴を搭載した、初めてのロータススポーツカーだということ。トップギア・ジャパン043号のエレクトリックアワードでも、巻頭特集を華々しく飾ったエヴァイヤ。目を引く一台となるだろう。

ロータスカーズのマネージングディレクターであるマット・ウィンドルは、「エミーラはロータスのゲームチェンジャーです。 これは、ビジネスの変革、つまり私たちの進歩の具現化において、これまでに達成したすべてのビーコンとしての役割を果たします。 これは、グローバルなパフォーマンスカーブランドになるための非常に重要なマイルストーンです」と述べた。

エミーラはロータスによって開発された、新しい軽量の接着アルミニウムシャーシを搭載。これはロータススポーツカーのDNA の本質的な部分である。その革新的な車両アーキテクチャは、エヴァイヤが開発された手がかりを使用した大胆で象徴的なデザインで包まれている。

エミーラの世界で最初のデリバリーは、来年の春から開始される。日本向け車両の生産は、来年の春以降が予定されている。エミーラは、2 つのガソリンエンジンから選択ができる。最初の車両は、エキシージとエヴォーラに供給されているロータスで研ぎ澄まされた 3.5 リッターV6 を搭載した限定生産の「ファーストエディション」として発売される。

そして2022 年の夏以降、ロータスにとって初となる AMG のエンジンを搭載したスポーツカーが出る。新しいロータス AMG ユニットは、メルセデスベンツのパフォーマンス部門のターボチャージャー付き 2.0 リッター4 気筒 「i4」 だ。

AMG とロータスは初めて開発協力を行い、AMG はエミーラプログラムのテクニカルパートナーとして参加、デビューに向けてインライン 4 気筒セットアップにいくつかの基本的な変更が加えられた。横置きで後輪駆動を実現するユニットは、エミーラのキャラクターに合わせて、新しいエアインテークシステムと新しいエキゾーストに変更され、DTC と組合される。2 番目のエンジンはより馴染みがあり、エキシージとエヴォーラのドライバーにとても愛されている 3.5 リッターのスーパーチャージャー付きトヨタ V6 となり、マニュアルまたはオートマチックより選択できる。

エミーラの出力は365-405ps(予定)、4.5 秒未満で0-100km/hの加速、最大 290km/h の最高速度を実現している。 最大トルクは 430Nmで、CO2 排出量は180g/km 以下。エミーラの目標車両重量は最軽量で 1,405kg で、価格は未定。

車両の製造は、ノーフォークのヘセルにあるロータスの本拠地で行われ、ロータスの英国に存在する施設へは 1 億ポンド(155 億円)以上の新規投資が行われる。高度なスキルを持つ運用チームは、生産効率、生産能力、および全体的な品質を向上させるための新しいプロセスとテクノロジーによってサポートされる。

マット・ウィンドルは、「ロータスエミーラは、ヘセルのファクトリーゲートを通過する車両の中で、最も完成度の高いロータスロードカーです。 エヴァイヤ オールエレクトリックハイパーカーにインスパイアされた見事なデザインと、美しく調和した、完璧なパッケージです。 エミーラは、スリルと人を振り向かせるほどの魅力を備えたジュニアスーパーカーですが、同時に目の肥えたドライバーが要求する最新のテクノロジーを搭載した、快適性と機能性に優れた日常のスポーツカーです」と述べた。

エミーラは今週末、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(7月 8日~11 日)でパブリックデビューを迎える。

アーカイブ

subscribe RSS