アウディ 新型RS3、400hpを発揮する5気筒ターボがイケてるノイズを奏でそう

アウディは、電動化やデジタル化を謳い文句にしているが、内燃機関も大切にしているのだ。カモフラージュされた新型RS3(新型スーパーハッチの初公開)の側面には、5気筒ターボの発火順序が記されている。

どうやら、オタクはこの文化を受け継ぐだけでなく、地球上で最も速く走ることができるようだ。ネットのトップギアによると、新型RS3に搭載されている立派な5気筒ターボは、最高出力400bhpを発揮し、メルセデスAMG A45 Sと同じレベルになるとのことだ。

このパワーは、超高速のダブルクラッチギアボックスと4輪駆動を介して供給されることが予想される。後者は、アウディが滅多に言及しない特別なものと呼んでいるのは確かなのだが、どうしても思い出せない。キヌア?それとも、クオンだっけ?とにかく何かQ的なもの。

この画像を見る限り、ホットなハッチとホットなサルーンが用意されているようだ。どちらもかなり大きめのボディキットを装着しており、鋭敏さには明らかに譲歩していない。フロントには膨らんだ2つのサイドインテークがあり、前輪の後ろには通気口もあり、より大きなサイドスカート、そして重要なリアディフューザーとツインエキゾーストのセットアップが施されている。

「いつもと同じじゃないか」と思われるかもしれない。しかし、この新型RS3は、本当に、本当に、とても速いのだ。現行モデルの0-100km/hは4.1秒と言われていたが、RS3は常に過剰なまでの加速を見せてくれる。また、4WDのトリックソフトを使えば、かなりのスピードが出るはずである。- そうだ、さっきの答えを思い出した、クワトロだ!- 4WDのトリックソフトを使えば、かなり楽しめるはずだし。少なくとも、前作はそうだった。

この画像の公開に合わせて行われたインタビューで、アウディスポーツのセールス長、ロルフ ミヒャエル(写真では同僚のマネージングディレクター、セバスチャン グラムスと一緒に写っている)は、「静粛性は新しいノイズの形なんだ!」と説明している。そうです、ロルフさん。でも、1-2-4-5-3は、踏み込めばかなりイケてる音がすると思う。そういうことだよね。

詳しくは一番下の写真をご覧ください…。

=海外の反応=
「エンジンは同じ、あるいは前作をベースにしているので、シャシーもほぼ同じ。だから、性能面では前世代のRS3よりもはるかに速くなるはずだ。外見は、特にハッチバックの方が良いけど、新型A3のインテリアは、タッチ式の容量性ボタンやインフォテイメントが充実している。個人的には、先代の方が使いやすくてお勧めだ。特にフェイスリフト前の型は、ナット型の排気音がしないので、買うべきだと思う」
↑「初期の最終世代のフェイスリフトであれば、排気音はそれほど悪くないけど、消音になるのはWLTP後のモデルで、2019年以降のものだと思う。MK7.5はゴルフのピークでしたが、新しいゴルフは吐き気がするわ。インテリアは最悪だしね」
「私は失望するだろうと覚悟していた…。しかし、この製品は、その5気筒エンジンの音楽的なスコアによって、ホットハッチの王様になるために、サーキットで誰もが殺られてしまいそう…。ハッチの後ろも前と同じようにカッコ良く見えることを願っているよ」
↑「DPFフィルターを取り外すか、ストレートパイプにすればいい」
「新しいデザインや尖った部分が好きじゃない…」
↑「しかし、このRS3は正鵠を得ているように思うんだけど…。狂気を感じさせ、力強さを感じさせてくれる。シャープなアングルは、プロポーションとスタンスが適切に行われれば良いのだが、RS3は他のアウディとは異なり、これを達成していると思う」

アーカイブ

subscribe RSS