【トップギアの初心者自動車メーカーガイド】ベントレー


トップギアの初心者向け自動車メーカーガイド。初心者じゃない人も、おさらいとしてどうぞ。今回はル・マン優勝、パイクスピーク優勝、そして豪華なショーファーを出してきたベントレーだ。

ベントレーとは?創業したのはいつ?

ベントレーは世界で最も豪華で人気のあるクルマを製造しており、ロールス・ロイスなどと競って、世界で最も裕福なドライバーのニーズに応えている。廉価版のハッチバックやファミリー向けのクロスオーバーはない。後部座席に億万長者が乗っておらず、お抱え運転手がハンドルを握ることがなければ、ベントレーには目もくれないだろう。ただし、タイミングを見計らっているのであれば、話は別だが…。

ベントレーは、1919年にウォルター・オーウェン・ベントレーによって設立された。W.O.と呼ばれることを好んだ彼の旅は、9歳の時に自転車を買って分解し、その仕組みを確認したことから始まったのだ。第一次世界大戦が始まると、W.O.はそのノウハウを王立海軍航空局に提供し、戦闘機のエンジンにアルミニウム製のピストンを取り付けて出力と信頼性を大幅に向上させた。

戦争が終わると、W.O.はMBE(Member (of the Order) of the British Empire大英帝国五等勲爵士)を授与され、発明委員会から8,000ポンド(125万円)を獲得し、自分の自動車会社を設立する資金を得た。創業者の野望は、「速いクルマ、グッドなクルマ、そしてそのクラスで最高のクルマを作ること」だった。

そして、彼はまさにそれを実現したのだ。EXP 1とEXP 2の開発を経て、1921年に生産を開始したベントレー 3リッターは、その3年後にル・マン24時間レースで優勝した。

アーカイブ

subscribe RSS